ホーム エンタメ > 「ただの遊びでした」妻に謝罪する夫 一方相手の女には最低な一言!?【安心して結婚したはずなのに Vol.27】

「ただの遊びでした」妻に謝罪する夫 一方相手の女には最低な一言!?【安心して結婚したはずなのに Vol.27】

嘘つき夫の裏切り現場を目撃―…!

親が借金に追われ、幼少期から苦しい生活を強いられてきた主人公・花子には、結婚相手に対して絶対に譲れない条件がありました。それは「金遣いが荒くないこと」「借金をしていないこと」。太郎と付き合って半年で妊娠が発覚し、借金は不要と考えられるほどの安定した収入があることからふたりは結婚。

ところがある日、太郎のデスクから150万もの借入明細票を見つけてしまった花子。嘘をついていた太郎には結婚前から借金があることも判明!蓋を開ければ借金はなんと総額約300万…。

一度は離婚を考えたものの、義両親の説得もあり太郎を許すことにした花子。無事に出産を終え、義実家でお世話になっていたある日のこと、飲み会代を要求してきた太郎の様子がおかしいと花子が家に戻ると、なんと女を連れ込んでいたのです。太郎はこれまで、ふたりで旅行に行ったり、服や鞄など貢ぎまくっていたようで…。

このお話は作者3chaさんに寄せられたエピソードを漫画化しています。登場する人物はフィクションです。

■前回のあらすじ
泣きながら「私とは遊びだったの!?」「好きじゃないのにいろいろ買ってくれたの!?」と太郎を責めるえい子。どうやらこれまでふたりで旅行に行ったり、服や鞄などを貢いでいたようで…。

■ただの遊びだった…!?


■えい子を突き放す太郎

えい子とは遊びだったと土下座して許しを乞い、「用済みはお前だ!」とえい子を突き放し、どこまでも最低な男、太郎…。

やり取りを見ていた花子はふたりの写真を撮りましたが…。


(3cha)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ