ホーム エンタメ > 学生時代は尖ったナイフだった!? 先輩・田端の意外な悩みに、後輩の反応は?【やさしさに溺れる Vol.66】

学生時代は尖ったナイフだった!? 先輩・田端の意外な悩みに、後輩の反応は?【やさしさに溺れる Vol.66】

母親の優しさが息苦しい?。心配性で過干渉な母親に支配される子ども時代を過ごしてきた主人公・志乃。

社会人になり、母親から逃れるため、一人暮らしを始めることに、しかし…。人生初の彼氏に夢中になる志乃と娘の恋を阻止する母親。対立する親子関係を通して描かれるのは、女性の「自立」と「恋愛」、そして「自分らしい生き方」について。人に嫌われるがの怖いと話す志乃に対して、キツいことを言って嫌われることが多いという田端。しかし彼女は人に嫌われることについて持論を語るのでした。

■前回のあらすじ
田端の恋愛観を聞いて、「すごい」と称賛する志乃。人に嫌われるのが怖くて、どうしたら人に好かれるかばかりを考えていたと話すのでした。嫌われるのは平気なのかと問われた田端は、「心にない事を言って自分を嫌いになるほうが苦しい」と口にするのでした。

■田端の嫌われる勇気に志乃は…





■現在進行形でお悩み中の田端…

悩む田端の姿を見て、「嬉しい」とにっこりする志乃。

そう語る彼女の本心とは?


(福々ちえ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ