ホーム エンタメ > 「なぜか涙が止まらない」やつれていく妻を見た義母が提案したこととは?【安心して結婚したはずなのに Vol.38】

「なぜか涙が止まらない」やつれていく妻を見た義母が提案したこととは?【安心して結婚したはずなのに Vol.38】

このお話は作者3chaさんに寄せられたエピソードを漫画化しています。登場する人物はフィクションです。

■これまでのあらすじ
行き過ぎた監視の末、メンタルが擦り減っていく―…。親が借金に追われ、幼少期から苦しい生活を強いられてきた主人公・花子には、結婚相手に対して絶対に譲れない条件がありました。それは「金遣いが荒くないこと」「借金をしていないこと」。太郎と付き合って半年で妊娠が発覚し、借金は不要と考えられるほどの安定した収入があることからふたりは結婚。ところがある日、150万もの借入明細票を見つけてしまった花子。嘘をついていた太郎には結婚前から借金があることも判明!総額なんと約300万…。一度は離婚を考えたものの、義両親の説得もあり太郎を許すことにした花子。無事に出産を終え、義実家でお世話になっていたある日のこと、飲み会代を要求してきた太郎の様子がおかしいと花子が家に戻ると、なんと女を連れ込んでいたのです。借金の使い道はすべて女への貢ぎ物。えい子と縁を切らせ、引っ越しを太郎に命じた花子。強制的に毎日荷物検査をするものの、疑念は消えることなく、気付けば精神安定剤を飲むほどにまでメンタルが擦り減っていました…。

■幻聴まで…育児にも支障が!?


■心配する義母の提案に花子は…

心配で様子を見に花子の家を訪ねた義母。義母の予想を遥かに超えるほど花子はやつれ、メンタルがボロボロになっていました。

涙が止まらず、泣いていないのに「息子が泣きやまない」と幻聴まで聞こえてしまっている花子。

心配した義母は太郎と離れて暮らすことを提案しましたが、今離れたら太郎がまた裏切り行為をするのではないかと気が気じゃない花子は拒否しました。

しかしこれは愛あってのことではないですよね。花子が幸せになるには、まず太郎への執着心をなくすことだと思いますが果たして…。


(3cha)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ