ホーム エンタメ > 【子連れで行きたいあの店この店 Vol.7】見て食べて癒される「おいしいお散歩」は手土産にもおすすめ! 話題のお店のパン&スイーツ

【子連れで行きたいあの店この店 Vol.7】見て食べて癒される「おいしいお散歩」は手土産にもおすすめ! 話題のお店のパン&スイーツ


おこもりしがちな冬、天気がよい週末は絶好のお散歩日和。運動不足解消も兼ねて「おいしいお散歩」に出かけてみませんか?

お散歩のモチベーションを上げてくれるのは、おいしいパンやお菓子たち。ご近所はもちろんだけど、リフレッシュも兼ねていつもよりちょっと遠くまで足を伸ばしてみると、思いがけない新しい発見もあるかもしれません。

今回はそんな「おいしいお散歩」にぴったりなスポットを2件ご紹介します。

<目次>
・「Think(about bread & Pastry)」(上野桜木あたり)
・「DOLCE TACUBO CAFFE(ドルチェタクボカフェ)」(虎ノ門)

■「Think(about bread & Pastry)」(上野桜木あたり)
JR日暮里駅や東京メトロ根津・千駄木駅からそれぞれ徒歩約10分ほど。そぞろ歩きにも人気の“谷根千”界隈で目指すのは、台東区上野桜木にある「上野桜木あたり」というユニークなスポットに昨春誕生したブーランジェリー・パティスリー「Think(シンク)」です。

▼「Think」
住所:東京都台東区上野桜木2-15-6 上野桜木あたり内2号棟1F
TEL:03-5834-7547
営業時間:10時〜18時
定休日:月・火曜 ※祝祭日は翌日に振り替え
https://think-tokyo.stores.jp/
Instagram:@think_tokyo

昭和13年築の日本家屋を現代によみがえらせた複合施設「上野桜木あたり」の一角にたたずむ店舗は、築80年の骨組みを生かしながらモダンにアップデートした趣ある空間。

店内へと一歩踏み込めば、その独特な雰囲気を味わいながら、目の前にずらりと並ぶ麗しきパンとパティスリーの世界に浸れます。

木の柱や襖など和の要素に、味わいのある石のテクスチャーを大胆にマッチングさせた店内。栃木県の芦野石を用いた什器。

ホテルライクな美しい什器の上に並ぶヴィエノワズリーやお菓子パン、パティスリーなどはどれもおいしそう!

焼き手は、オーナー兼シェフ・パティシエの仲村和浩さんと、シェフ・ブーランジェの鈴木嵩志さん。それぞれフランスの製菓学校で学び、帰国後は数々の有名店やホテルでの研鑽・活躍を重ねた(互いを知り尽くした)名タッグ。

古い柱や襖など古き良き和の要素に、石材の壁や什器を組み合わせたこだわりの空間で叶えるのは、フランスで馴染み深いパン屋とパティスリーを融合した“ブーランジェリー・パティスリー”というスタイルです。

中央什器のサイドには食事パンやタルトなどが並ぶ棚も。上段には、店の看板アイテムとなる高加水生地に自家製ルヴァン種が。

どれにしようか迷ったら食事パン、ヴィエノワズリー、フレンチパティスリー、各部門それぞれをぜひ押さえて。ちびさんたちに人気の「全粒粉の丸パン」(写真左上) 3個入 400円(税込) も並びます。

「つくることは、“想う”ことからはじまる」というコンセプトを店名(Think)に込めたという同店では、素材と製法にとことんこだわり編み出されたパンとパティスリー、どちらも専門とするシェフが編み出す本場さながらの味わいが魅力です。

鈴木シェフが編み出した独自製法(水種)と湯種を掛け合わせて焼き上げるハードブレッドや、同じく水種の長時間熟成で叶えるもっちりふんわりの食パン、ザクっとした食感と発酵バターの香りが後をひく風味豊かなヴィエノワズリー(クロワッサンやブリオッシュなど)など。

仲村シェフの真骨頂でもある本場さながらのマドレーヌや郷土菓子などのフレンチパティスリーや、クラシックな製法をベースに生み出されるアントルメ(生菓子)など、見た目にも心奪われるお菓子も幅広くラインナップ!

いずれも、厳選した国産小麦を中心にフランス産小麦と使い分けながら、ベルギーが誇る発酵バター「コールマン」との組み合わせを軸に展開します。

オープンからまだ半年強の現状はまだ準備段階にあるものの、近いうちにイートイン可能なカフェスペースをオープンする予定とのこと。現状は、お店の外にある共有スペースであれば焼き立てパンをその場で味わうことも可能です。

嬉しいことに、お隣には塩とオリーブの専門店「おしおりーぶ」があるので、おいしいパンに合わせてグルメなお買いもの散歩もできてしまう。周囲には緑豊かな神社仏閣やおいしいお店も点在しているので、ちび君やちび子さんと一緒に週末お散歩コースにもおすすめです。


■「DOLCE TACUBO CAFFE(ドルチェタクボカフェ)」(虎ノ門)
2023年10月に開業し賑わいを見せている今話題のアドレス「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」。このタワーと地下鉄駅前広場「ステーションアトリウム」に直結する「T-マーケット」内に新たに誕生したのが「DOLCE TACUBO CAFFE(ドルチェタクボカフェ)」です。

▼「DOLCE TACUBO CAFFE」
住所:東京都港区虎ノ門2-6-3 虎ノ門ヒルズステーションタワー 地下2F(T-MARKET内)
TEL:03-6807-3990
営業時間:月〜土 11:00 ? 23:00 (フード L,O. 22:00 / ドリンク L.O. 22:30)、 日・祝 11:00 ? 22:00 (フード L.O. 21:00 / ドリンク L.O. 21:30)
定休日:不定休
https://d-tacubo.com/
Instagram:@dolce_tacubo_caffe

世界的なグルメガイドでもその名が知られるイタリアンレストラン「TACUBO(タクボ)」によるパティスリー「DOLCE TACUBO(ドルチェタクボ)」の初のカフェ業態となるお店です。

同店では、代官山本店でもお馴染みの「サブレ缶」など、焼き菓子が一部リニューアルして登場。また、「季節のドルチェ」や「コーヒーゼリー」などイートイン限定のメニューもかなり気になるところ。

季節のフルーツを使ったイートインメニュー「季節のドルチェ」は常時2種類を提供。写真は「文旦 カモミール ローズマリー ライム オリーブオイル」1,900円(税込)

TERRA COFFEE ROASTERSのスペシャルティコーヒーを使用した「コーヒーゼリー」。甘酸っぱいアマレナチェリーとタクボ特製のアイスクリームを添えて。1,200円(税込)

嬉しいことに、代官山本店の人気商品「焼き立てフィナンシェ」や、贅沢な素材で焼き上げる「シュークリーム」や「プリン」など、手土産にぴったりなお菓子も充実。

宝玉卵とオーム乳業の生クリームをふんだんに使った風味濃厚な「シュークリーム」。風味は、マダガスカル産バニラビーンズが薫るコク豊かな「カスタードクリーム」と、オーム乳業のマスカルポーネのコクとコーヒーの苦味が相性抜群な「コーヒー」(虎ノ門ヒルズ限定フレーバー)の2種。各700円(税込)

店内で製造。バターをしっかり焦がし、サクサク感の限界に挑戦した「焼き立てフィナンシェ」は1個から購入可能。オリジナルのショッパーとボックスに入った6個入り/12個入りは手土産におすすめ。1個400円、6個入2,800円、12個入 5,200円(いずれも税込)

宝玉卵と、乳脂肪の高いミルクをふんだんに使用、“かたなめらか”な食感を追求した「王道を塗り替える濃厚プリン」。1個700円(税込)

代官山本店でも人気のサブレに新フレーバーを組み合わせてリニューアルした「サブレ缶」2種はギフトにもおすすめ。4種 32枚 4,500円(税込)、6種 48枚 6,400円(税込)

今回のオープンに合わせて新たに開発したというテイクアウトドルチェはこだわりの「ソフトクリーム」。こちらは現在準備中で、近日登場予定なのだそう。

“ソフトクリーム界のフェラーリ”とも言われるイタリアのソフトクリームサーバーCarpigiani(カルピジャーニ)でつくる、ふわふわ×なめらか食感の新感覚ソフトクリーム。「ミルク」は濃厚ながらもスッキリ。TERRA COFFEE ROASTERSの豆を使った「コーヒー」は苦味・コク・旨味をしっかり感じる大人向けな味わい。
写真左から「ミルク」「コーヒー」「ミックス」各800円(税込)

T-MARKET内には「T-MARKETの席(T-MARKET PUBLIC TABLE)」予約システムもあり、あらかじめ席を予約できるパブリックスペースもあるので、店内よりこちらの方が気楽かも! というママはぜひ利用してみてください。

ここでは「プレオーダー」のシステムも導入していて、T-MARKET内にあるお店のメニューを各店プレオーダーして一緒に楽しめるので、館内をぶらぶらお散歩した後のお楽しみに、虎ノ門ヒルズステーションタワーならではのサービスを利用してみるのもおすすめです。

【今回ご紹介したお店】
・「Think」@think_tokyo
・「DOLCE TACUBO CAFFE」@dolce_tacubo_caffe

(松浦 明)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ