ホーム エンタメ > 「僕を傷つけた責任はどうとるの?」 極論夫の暴走が止まらない!【極論被害妄想夫 Vol.10】

「僕を傷つけた責任はどうとるの?」 極論夫の暴走が止まらない!【極論被害妄想夫 Vol.10】

■これまでのあらすじ
超エリートのすぐるは妻と2人の娘と4人で暮らしていました。一見完璧な男だが、実は被害妄想が激しいめんどくさいタイプ。スマホに夢中で娘を見ていなかったことを注意されれば「もう2度とスマホを見るなってことね」と言い出し、さらに注意されたことを根に持ち、妻の弱みをにぎってネチネチ咎めたりするのでした。理不尽に怒られた妻が「必死に家事育児をやっている」と反論すると「家事育児と交換するから今すぐ僕と同じだけ稼いできてよ」とまた極論で詰め寄るすぐる。堪忍袋の緒が切れた妻は思わず暴言を吐き、それを聞いたすぐるは「今から〇んでくるよ!」とできもしないことを言って、また妻を困らせるのでした。

■「DVだ!」とさらに大騒ぎ…


■気が済んだかと思いきや…

ななみを抱っこしてようやく寝たところだったのに、ヒステリックに怒鳴り散らし、大声でいつまでも騒ぎ立てる極論夫。子どもを起こしてしまったことには全く触れず、むしろ悪いとも思っていないのでしょう。

落ち着いてもらうために、すぐるの気が済むまで謝り続けたかすみ。

かすみの心を散々傷つけてきたのはすぐるの方だと、まったく気付いていないですね…。何よりすぐる本人が悪気なくやっていることがマズイのです…。子どもにとっても悪影響な気すらしてしまいます。

しっかりマウントをとり、気が済んだところでかすみを許したすぐるですが、毎日の家事育児で疲れ切っているかすみに当然のように夜食を作れと言うのも、本当に思いやりがないですね…。


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ