ホーム エンタメ > 夫の家族サービスは余計な仕事を増やしただけ…イラ立つ妻の本音とは?【極論被害妄想夫 Vol.15】

夫の家族サービスは余計な仕事を増やしただけ…イラ立つ妻の本音とは?【極論被害妄想夫 Vol.15】

■これまでのあらすじ
一見、完璧な男…実はとんでもない極論被害妄想夫だった―…!

主人公すぐるは外資系企業に勤務し、36歳で年収一千万の超エリート。新築の一軒家には穏やかで美人の妻かすみ・可愛い娘ふたりと暮らしています。しかし、この夫の本性は…。

料理をしている最中だけ娘を見ていて欲しいと頼んだのに、スマホに夢中になっているせいで娘を危険な目に遭わせた夫を注意すれば「もう二度とスマホを見るなってことね」などと極論で返す、実はとっても面倒臭い夫。

さらに「専業主婦やらせてやってるんだから家事育児をするのは当たり前」と思っており、少しでも家のことをさせようとする妻のことを怠慢だと感じているようです。

少しスマホを見ていただけの妻に「家事育児交換するから今すぐ僕と同じだけ稼いできてよ」とまた極論で詰め寄り、堪忍袋の緒が切れた妻は思わず暴言を吐いてしまいます。執拗に泣き喚く夫に妻は何度も謝罪し、なんとかその場を収めました。

後日、妻を喜ばせようと夕飯を作ると買って出た夫ですが、買い物は妻任せで、食材ひとつ足りないだけで大騒ぎ!そんな夫にイラつく妻はこっそり裏アカを使って夫の愚痴をこぼすのでした。食後はもちろん片付けも妻に丸投げで…!

■余計な仕事を増やされ怒りMAX…!


■現時点で妻に文句を言う権限すらない…?

案の定、自分で調理した方が早かったと思えるほどの洗い物の量…。

家族サービスと言いながら、むしろ仕事を増やされてしまったかすみは苛立ちMAX…。

夫婦に限らずですが、良好な関係を築いていくためにはお互い譲り合いの精神が必要です。

自分が正しいからといって相手の意思を尊重せず、誰かの我慢や犠牲のうえで成り立つ家庭は、絶対に後々崩壊するはず…!

暴力行為やDVなど、明らかに離婚するべき状況というわけではなく、あくまで100%善意でやっているからこそ、相手を傷つけていることが目に見えにくい状況というのが難しいところ…。

結局かすみは毎日毎日我慢を強いられているわけですが、かといってすぐるの被害妄想がここまで激しいと、冷静に話し合いができるような相手でもなさそうです…。

「いつだって自分が一番偉くて、妻子は自分のおかげで生活できている」というすぐるの考えを払拭させたいところですが、かすみは今後どう動いていくのでしょうか…!?


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ