ホーム エンタメ > 号泣しながら起床した小5・次男 朝食中も泣き続けた衝撃の理由とは?【めまぐるしいけど愛おしい、空回り母ちゃんの日々 第366話】

号泣しながら起床した小5・次男 朝食中も泣き続けた衝撃の理由とは?【めまぐるしいけど愛おしい、空回り母ちゃんの日々 第366話】


平日の朝にガッツリ寝坊した日。

1階のキッチンから絶叫声で2階の子供たちを起こしつつ、炊いていたごはんに(ごはんなかったら終わってた…)ふりかけをかけて、布団から出て20秒(過去最速)で朝食を出しました。

するとまさかの…


小5・次男が泣きながら下りてきたではありませんか!!

朝一から号泣など、ただ事ではないので、何があったのか何度も聞くも…

「なんもない…」

と、首を横に振りながら、か細い声で言うのみ。

ごはん中もポロポロと涙をこぼしていたので、心配で気が気ではなかったのですが、食事を終えて着替え、家を出る頃にはいつもの次男に戻っていました。(幸い、遅刻することなくいつもの時間に家を出ることができました)

私が寝坊してしまったから??

それとも他に何か深刻な理由が…??

と、ひたすら考えていたのですが、結局なんで泣いていたのか分からないままだったのですが…


その日の夕方、夫が次男の習い事の送迎をしてくれた時に泣いていた理由をこっそり聞いてくれたのですが、どうやら、家族が危険な目に合ってしまうというかなり怖い夢を見てしまったそうで。

今回、私が寝坊して急にたたき起こすことになってしまったので、夢と現実がごっちゃになってしまって、思わず泣いてしまったのだそうです。

ただ…「わりと早くに『そうか夢か』と理解して切り替えることができて泣き止んだ」との事。

…ん…?でもごはんの時もポロポロ泣いてたけど…??

すると夫から衝撃の一言が。


ごはんて!!!

次男は圧倒的に【パン派(甘い系)】なので、朝ごはんが【お米】の時は、幼い頃からちょっとイヤそうにするんです。

でも、「こうやって普通にごはんを食べられるのはとても幸せでありがたい事なのだから、文句を言ったり露骨にイヤな態度をとるのはダメです」

…と言い続けてきたため、イヤな態度をとったり文句を言ったりなどできない。

しかし、傷心で下りてきて目に飛び込んできたのは、ふりかけごはん(しかもおかず無し単品)だったため、残念に思う気持ちが抑え切れず、夢とは別に、ごはん理由でも思わず涙がこぼれてしまったのだそうです(笑)

体調不良などではなくて本当に良かったのですが、その日は一日中ずっと心配していたので夫から理由を聞いた時は思わずひっくり返りそうになりました(笑)
(ホリカン)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ