ホーム エンタメ > 赤ちゃんとふたりで公園へ… 夫のあの言葉は嘘だったの?【僕たちは親になりたい Vol.39】

赤ちゃんとふたりで公園へ… 夫のあの言葉は嘘だったの?【僕たちは親になりたい Vol.39】

■これまでのあらすじ
子どもができることを望んでいた妻の美咲だったが、夫の拓也は妊活に乗り気ではなく、長くストレスに感じていた。しかし、ふたりで話し合うことで妊活をスタート。1年を過ぎた頃、美咲の妊娠が発覚するが、なぜか流産してしまい…。数年後、赤ちゃんを育てる美咲は、我が子と関わろうとしない拓也に対し、心細さや怒りといった感情が爆発しそうになっていた。ある日公園に拓也を誘うも断られた美咲は、なぜ自分たちと行動しようとしないのか詰め寄るが、拓也から「もう寝かせて」と言われてしまう。さらに翌朝、起きると拓也の姿はなく、花ちゃんと散歩に出るのだが…。

■夫のパンも買おう


■夫がいない…

花ちゃんと公園に行くことにした美咲は、親子連れとすれ違うたび、拓也と比べてしまっていました。

昼食のサンドイッチを買おうと訪れたパン屋さんでは、「後で合流するかもしれないし」と、それでも拓也の分のパンも購入してしまいます。

「子どもが産まれたらさ、この公園でいっぱい遊ぼうね!」と言っていた拓也…。

しかし今、拓也は我が子と一緒に行動しようとすらしない…。

どうすればいいの? 美咲の悲痛な叫びが聞こえてきそうです。


(ちなきち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ