ホーム エンタメ > 忍び寄る手に感じる恐怖! 不気味なオーラが忘れられない【ヤバすぎるイケメン彼氏と縁切り神社で縁切った話 Vol.21】

忍び寄る手に感じる恐怖! 不気味なオーラが忘れられない【ヤバすぎるイケメン彼氏と縁切り神社で縁切った話 Vol.21】

■前回のあらすじ
イケメン彼氏・イケ杉と付き合い始めて1ヶ月。40歳でフリーターだったという事実に加えて、喫煙者だということも発覚する。パチ美はタバコアレルギーのため、喫煙者は無理だと初回のデートで伝えており、嘘をつかれたことに引いてしまう。しかしイケ杉は、本当のことを言えばパチ美と付き合うことができなかったのだから、嘘をつくのは当たり前だと訴える。それを聞いたパチ美は「そんなに私と付き合いたかったの?」とのろけそうになりながらも、実際にタバコで湿疹が出てしまい、どうしたものかと悩んでいた。するとイケ杉が、「俺と別れるってこと?」とパチ美に向かって手を伸ばして…。







パチ美さん曰く、イケ杉さんが何をしようとしていたのかはわからないものの、手から出るオーラ? 空気? に、なんとなく嫌な雰囲気が漂っていたそう。でも、イケ杉さんはいつも優しかったので、「まさかそんなハズはない」と自分に言い聞かせていた、とのこと。


その後、イケ杉さんはパチ美さんと一緒にいても堂々とタバコタイムを取るように。たしかにタバコ自体は苦手でも、タバコを吸うイケメン男性にセクシーさを感じる、という女性は多いのかもしれません…。


(パチ美)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ