ホーム エンタメ > 「離婚は無責任」友人たちの言葉にますます自信をつける夫【極論被害妄想夫 Vol.37】

「離婚は無責任」友人たちの言葉にますます自信をつける夫【極論被害妄想夫 Vol.37】

■これまでのあらすじ
年収一千万を稼ぎ、妻と娘ふたりと暮らす主人公・すぐるは、被害妄想が激しく極論で妻を言い負かそうとする男。ワンオペで育児をしながら家事もこなす妻がSOSを出せば「家事育児する代わり会社辞めてくるけどいいのね?」と極論を言い放ちます。ずっと我慢してきた妻だが、自分のミスを認められないすぐるが娘に当たったことで「この父親のそばで娘を育てるわけにはいかない」と離婚を宣言。すぐるは焦って妻を引き止めようとするも、自分の何が悪かったのかがわからず友人に話を聞いてもらうことに。しかし、すぐるの一方的な意見しか聞いていない友人たちは、妻が悪いと考え、すぐるの味方をするのでした。

■友人たちの見解は…


■友人に励まされたすぐるは…

「すぐるは悪くない」「離婚は脅し文句」「専業主婦なのに図々しい」友人たちの言葉に「だよなぁ」と大満足のすぐる。

気を良くしたすぐるは、友人たちにおごると宣言!

そして、かすみの最後の情け、3日間のタイムリミットが過ぎ…。

すぐるは余裕をかましているようですが、果たしてどうなるのか…!?


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ