ホーム エンタメ > 「推し活」の楽しさに開眼! 何歳からでもときめくことができる【私の生理のしまい方 Vol.16】

「推し活」の楽しさに開眼! 何歳からでもときめくことができる【私の生理のしまい方 Vol.16】


この漫画は書籍『私の生理のしまい方』(著者:原あいみ/監修:関口由紀)の内容から一部を掲載しています(全22話)。

■これまでのあらすじ
夫に裏切り疑惑が生じたことがきっかけで激しく嫉妬したマナミさんでしたが、自分磨きを怠っていた自分を振り返りダイエットを開始することに。そして4ヶ月で13sのダイエットに成功し、夫との夫婦生活も復活したのでした。改めて夫への愛情を確信したマナミさんでしたが、転職したのを機に50歳の時に再びレスに。生理も重くなりいつかは終わってしまうのかと思うと、女性として不安になり、まだときめきを感じたいと思うのでした。








ママ友のちはるさんに薦められ、推しのライブに参戦したマナミさんは、そこで「推し活」の楽しさに開眼。「推し」に会える日を楽しみに、仕事も美容もがんばり、メリハリのある生活を送るようになります。

そして、ときめきで満たされた日々の中でふと、夫ともレス解消のために頑張ってみようかなと思うのでした。

次回は、ストレス知らずでマイペースの元経理職員・きよこさんのエピソードをお届けします。


『私の生理のしまい方』
(著者:原あいみ/監修:関口由紀(KADOKAWA) 
「私の生理のしまい方」はこちら

生理不順、疲れやすい、眠れない、イライラする…もしかしてこれって更年期? 40代からの大人女性のさまざまな不調について、9人の体験談をマンガ化! 人生の後半戦、悲観するのではなく、心身ともに自分らしく楽しく生きていくには? 漠然とした不安に寄り添い、ゆらぎがちなこの時期を前向きに乗り越えるヒントがもらえる1冊。


(ウーマンエキサイト編集部)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ