ホーム エンタメ > 「愛しているからこそ」呆れた言い訳をする夫に、妻が投げかけた言葉とは?【極論被害妄想夫 Vol.58】

「愛しているからこそ」呆れた言い訳をする夫に、妻が投げかけた言葉とは?【極論被害妄想夫 Vol.58】

■これまでのあらすじ
年収一千万を稼ぐ主人公・すぐるはプライドが高く、何か言われると極論で追い詰める被害妄想夫。保身のために娘を怒鳴ったことが決定打となり離婚を言い渡した妻でしたが、すぐるが謝ってきたことで一度は許してしまいます。しかし帰宅後、すぐに妻を強い言葉で追い詰めついには手をあげたのでした。妻はお互いの両親を呼び離婚したい旨を説明。話を聞いたすぐるの父は「どこに問題が? 手をあげた証拠はない!」と離婚を却下。そこで妻が一部始終を録音したボイスレコーダーを再生すると、すぐるの両親は絶句するのでした。

■録音された音声を聞いたすぐる父の反応は?


■自分の娘が同じことをされたらどう思う?

意外にも、妻に手をあげたことが明らかになった途端、息子を叱ったすぐる父。

しかしすぐるは「愛しているからこそ」「仕方なかった」と苦しい言い訳を連発。「痛み分け」だと言いながら自白したすぐるに、かすみが「もしあなたの娘が同じことをされたらどう思う?」と問いかけます。

人はみんな誰かの大切な人。娘たちが同じ目に遭ったと想像したとき、すぐるはいったい何を思うのか…?


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ