ホーム エンタメ > 地獄の日々から解放され幸せを感じる妻 一方、夫の方は…【極論被害妄想夫 Vol.64】

地獄の日々から解放され幸せを感じる妻 一方、夫の方は…【極論被害妄想夫 Vol.64】

■これまでのあらすじ
年収一千万を稼ぐ主人公・すぐる。彼は妻を見下した発言をしたり、自分に都合が悪いことが起きると被害妄想を発動するモラ夫。離婚を宣言するも、謝罪したすぐるに絆されやり直すことにした妻でしたが、上っ面で謝っていただけのすぐるは娘の前で妻に手をあげました。その時の様子を録音しておいた妻は、離婚を認めないすぐると義両親に聞かせ、改めて離婚を突きつけ実家へ戻ります。その後、両親からも見放されたすぐるだが、最後まで自分の非を認めません。妻は娘たちに「パパと離れて暮らす」ことを説明、「大丈夫」と言ってくれた娘を必ず幸せにすると誓ったのでした。

■離婚と自立に向けて動きだすかすみ


■かすみの強い意志

離婚の手続きを進めながら、自立に向けて仕事を前向きに頑張っているかすみ。

やらなければいけないことは多いものの、すぐると暮らしていたころに比べて、自由に過ごせて幸せを感じているようです。

一方、すぐるはというと…浮かない顔をしてコーヒーを飲み「マズイ」と感じているよう。

次回はついに最終回! 極論被害妄想夫の末路とは…?


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ