ホーム エンタメ > 「俺はもう許しているぞ」自分の非を認められない夫の哀れな末路【極論被害妄想夫 Vol.65】

「俺はもう許しているぞ」自分の非を認められない夫の哀れな末路【極論被害妄想夫 Vol.65】

■これまでのあらすじ
主人公・すぐるは一千万もの年収を稼ぐも、妻を極論で追い詰めたり、被害妄想で自分の非を決して認めない面倒な夫。妻に離婚を言い渡され謝罪したすぐるでしたが、実は上っ面。絆されてしまった妻はすぐるを許してしまいます。その後、すぐに元に戻り妻に手をあげたすぐる。念のため録音しておいた妻はお互いの両親に手をあげられた音声を聞かせ、離婚を宣言。両親にも見放され、味方がいなくなったすぐるでしたが、自分の非を認めることもなく、離婚しないの一点張り。妻は実家で娘たちと新生活をスタートさせ忙しく暮らしていましたが、その頃のすぐるは…。

■未だ現実逃避…


■もう二度とあの地獄へは戻らない

最後まで自分の何が悪いのか、何が離婚の引き金となったのか理解できなかったすぐる。

一方、そんなすぐるに恨み節ひとつなく「楽しいこともたくさんあったね」「ありがとう、お元気で」と前へ進もうとするかすみ。

どうか、子どもたちと幸せに過ごせますように…!

すぐるにも、いつか気づけるときが来ますように…。

こちらもおすすめ!
妻の不幸が大好物!? ネチネチ夫

1年の交際を経て結婚したレイ。結婚した夫は妻の不幸が大好物で、笑顔で追い詰めてくるネチネチ夫だったのです…!

「妻の不幸を喜ぶ夫」1話目はこちら>>
(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ