ホーム エンタメ > 息子の頬が赤く腫れていた…!? 児童相談所からの連絡に困惑【配偶者に子どもを連れていかれた話 Vol.4】

息子の頬が赤く腫れていた…!? 児童相談所からの連絡に困惑【配偶者に子どもを連れていかれた話 Vol.4】

このお話は作者ポケットさんに寄せられたエピソードをもとに再構成し漫画化しています。

■これまでのあらすじ
幼稚園に通う息子のゆうたと、無職で借金が発覚した夫と暮らすさくらは、夜勤もこなすワーキングママ。ある日帰宅すると、いるはずのゆうたと夫の姿がなく、夫からは身に覚えのないさくらの非を責めるメールが…。すぐに警察署に行き経緯を話すと、夫の言葉を信じたようでさくらは疑われてしまう。この人に話してもムダだと思ったさくらは警察署を出ることにするが、児童相談所の職員から電話がかかってきて…。

■もしかして夫が…!?

通報した人に、ひとりだけ心当たりがありました。しかし、児童相談所の担当者によると、通報者のことは伝えられないとのこと。

そして驚愕の事実が…。

ゆうたの頬が腫れている…!?


■絶対に許さない…!

児童相談所の職員によると、息子は通報者に抱かれて寝ており話はできなかったと…。ただ、頬が腫れており虐待を疑ったとのことでした。

そんな痕、最後に見た時はなかった。まさか夫が私の非を捏造するためにゆうたを…!? 子どもが夫に傷つけられたかと思うと、怒りで、悲しみで、我を忘れて叫んでいました。

絶対に許さない…!

一刻も早く息子の無事を確認したい。赤ちゃんのときから今まで1日たりとも私から離れて夜を過ごしたことがない息子。
寂しくて泣いているかもしれない。怖くて泣いているかもしれない。痛くて泣いているかもしれない…。

私は弁護士の力を借り、児童相談所へ再度説明と相談、事実確認をすることにしました。

それが、息子を保護できる最短の道だと信じて…。


(にしやまポケット)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ