ホーム エンタメ > 「子どもを返すかわりに…」夫の交際相手のありえない言い分に反撃!【配偶者に子どもを連れていかれた話 Vol.12】

「子どもを返すかわりに…」夫の交際相手のありえない言い分に反撃!【配偶者に子どもを連れていかれた話 Vol.12】

このお話は作者ポケットさんに寄せられたエピソードをもとに再構成し漫画化しています。

■これまでのあらすじ
無職で借金のある夫の身勝手によって、さくらはある日突然、息子のゆうたと引き離されてしまう。児童相談所からは頬を腫らしたゆうたが目撃されたことから、さくらは身に覚えのない行為を疑われる。さらに夫が交際相手の綾乃と共謀して、さくらのモラハラをでっち上げ離婚を成立させること、慰謝料とゆうたの親権を得た上で養育費まで狙っているとの情報が入り…。そこで1日も早くゆうたを取り戻すため、さくらは調停ではなく審判を申し立てることを決意するのだった。そして迎えた審判。調査官調査でゆうたと再会したさくらは、ゆうたの頬を傷つけた犯人を聞き出す。そして調査終了後帰宅すると綾乃が待ち伏せしており、「相談がある」と言い出して…!?

■絶対に許さない!

綾乃の相談とは…、子どもを返すかわりに慰謝料と養育費を請求しないでほしいということでした。

自分たちのしたことを棚にあげて、慰謝料を請求するな? 勝手に引き離しておいて、夫に似てなくてかわいがれないから返す?

子どもをモノだと思っているかのような発言を実際に聞いた私は…、

「絶対に許さない」

そう思いました。

ゆうたは私の宝物。あの子のためならなんだってできる。

あの子の権利、私の権利は、絶対に守る…!


■真実を告げると…

彼から何も知らされていないこの女に、真実を教えてあげることにしました。

そう、この家は私が独身のときに買った私名義のもの。共有財産にはならず、財産分与の対象にはなりません。

離婚後、彼らに住む権利はありません。

そして私はテーブルにボイスレコーダーを置いて、言ったのです。

「もう一度さっきの話をお願いします」と…。


(にしやまポケット)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ