ホーム エンタメ > 男に頼らず生きる女になればいい…娘のための次なる戦略は?【私の娘は可愛くない Vol.15】

男に頼らず生きる女になればいい…娘のための次なる戦略は?【私の娘は可愛くない Vol.15】

■これまでのあらすじ
田舎暮らしに嫌気がさし18歳で上京した主人公・ゆうみ。美しさに磨きをかけ、年収3000万の夫と結婚!後に出産した女の子は夫によく似ていて、容姿が良いとは言えませんでした。女は見た目!と信じてやまないゆうみは娘の将来を案じ、洋服をハイブランドで揃えてお嬢様に見えるようにしました。すると今度は他の子と比べて娘が大きすぎると気付き、健診で医師に相談。順調に育っているとはいえ「金太郎みたい!」という医師の言葉に苛立っていたゆうみは、寝ている娘の豚鼻を伸ばそうと軽い気持ちで鼻をつまみます。泣いてしまった娘を抱きしめながら、もう娘の顔のことは気にしない!と心に決めましたが…。

■男に頼らず生きていけばいい!


■母と妹のようにはなりたくなかった…

愛理の外見を気にすることをやめ、内面を磨くことに方向転換したゆうみ。

ゆうみ自身、学がないことをコンプレックスに思っており、愛理の可能性を広げるため奮闘します。

確かに自立している女性は魅力的、学歴や資格は美貌とは違い一生ものです。本人の意思や個性を尊重しつつ、一番良い環境で学びの場を与えてあげられるのはとても良いことですね。


(神谷もち)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ