ホーム エンタメ > カレンダーを確認するクセをつけるため印をつけることに…印をつけてた意外な人物は?【こむぎときなこ Vol.64】

カレンダーを確認するクセをつけるため印をつけることに…印をつけてた意外な人物は?【こむぎときなこ Vol.64】

こんにちは、かたくりこです。

わが家の姉妹・長女こむぎ(7歳)と次女きなこ(5歳)の日常をお届けする「こむぎときなこ」の、第64回です。

今日はカレンダーのお話です。

自分でカレンダーを確認してほしい
終わった日にバツをつけることに
毎日つけてると思ったら
次女の方だった!

長女の小学校の宿題には、毎回日付を書くというルールがあるのですが、長女は面倒くさがって毎回「今日、何日?」と聞いてきます。

せっかくなので、カレンダーを読むくせをつけてもらおうと、過去になった日には×印をつけるよう提案してみました。
ちなみに「×印は運気が下がる」という説もあるようですが、子どもに理解させるのは×印が手っ取り早いので、気にしないことにします。

それから1ヶ月。
毎日きちんとカレンダーに×印がついているので、ちゃんとやっててえらいなと思った、なんと長女ではなく、次女がつけていました!

×印がついているカレンダーを見れば、次女も今日が何日かわかることに気づき、それ以来、毎日印をつけるのを楽しみにしているそうです。

面倒くさがりの長女は、次女が印をつけたカレンダーを見て、宿題に日付を書き込んでいるのだとか…。

ちょっと予想しなかった展開ですが、とりあえず2人ともカレンダーを確認してくれるようになって、よかったです(笑)

*****


「こむぎときなこ」は今回が最終回です。今までお読みいただき、ありがとうございました。
(かたくりこ)

Facebook

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ