ホーム ダイエット・ボディケア > 女性の憧れ“エロBody”をつくる3つのコツ

女性の憧れ“エロBody”をつくる3つのコツ

憧れのエロBody

モデルのようなすらっとしたスタイルも憧れますが、やっぱりオンナはボンキュッボンなエロBodyも魅力的!ここではそんなエロBodyになるためのコツをご紹介します。

抱きたい触りたいと思わせられるボディ

エロBodyとは「抱きたい&触りたいと思わせられるボディ」かどうか。その中でも特に注目してほしいパーツは、バスト、ウエスト、ヒップ!女性らしい丸みを帯びた美しいラインはとっても憧れますよね。

ふんわりおっぱいは、ほぐしてゆるめる

バスト周りは柔らかくしておくのがマスト。胸そのものというよりはその周りをこまめにほぐし、凝りと老廃物を流すように。ただし、激しく揺らして靭帯を傷つけるのはNG。揺らすのではなく、コリをほぐしましょう。

肩甲骨の凝りや腕の凝りも、胸の脂肪を後ろに引っ張ってしまう原因に。スマホやパソコン、歩き姿勢などで腕が内側に入ってしまいがち。伸びをしたり、手を後ろにまわしたりして、胸をつねに開くように意識しましょう。

大豆イソフラボンが含まれる発酵食品納豆やお豆腐などの大豆食品が胸を大きくすることに効果的です。また、それと同時に林檎や大根おろしなど、内臓を浄化してくれる食べ物もとり入れるようにしましょう。

ふんわりおっぱいの秘訣はコチラ

くびれは思い込みが大事

まず、ウエストのお肉はすべてこれは胸なんだと思い込みます。お風呂に入っているときにオイルを使い、ウエストについているお肉にグっと指5本を入れ、これは胸!と唱えながらぐいーん、と胸めがけて持ち上げます。お腹はキュっとしているのがマナーであると考え、お腹を常にへこませて過ごしましょう。普段歩く時も、腰を左右に大きく振りながらウエストにグっと力を入れ、色っぽいウォーキングをしてみるのも効果的!

激くびれをゲットするコツとは?

ヒップアップでぷりぷりお尻に

階段を上がるときにつま先上がりをし、その際に一歩一歩、お尻の下側のあたり、いわゆるハムストリングス筋にギュっと力を入れてみたり、電車などで立っているときも大殿筋をギュっと内側に寄せ集めるように力を入れてみたり。

最初はこの大殿筋を意識、というのがなかなかできなかったりしますが、少しずつ「ここらへんがプリっとお尻のポイントだな」という部位が分かってきます。まずは日常生活で意識することからはじめてみましょう。

ぷりぷりお尻の嬉しい効果とは?

美の秘訣は自分のココロのコントロール

いかがでしたか。「私は美しい、私のウエストは細い」と強く思い込んで自分をマインドコントロールし、身体をその思い込みについてこさせることが大事。思い込みと日々のトレーニングでエロBodyを手に入れましょう。

シェア Google+
P R