ホーム ファッション > 旭化成、今年の水着素材はストレッチ性重視

旭化成、今年の水着素材はストレッチ性重視

2012年旭化成グループキャンペーンモデルに起用された(左から)鹿児島市出身のモデル・池田沙絵美(21)、中国河北省出身の胡楠(フウ・ナン、21)

[拡大写真]

2012年旭化成グループキャンペーンモデルに起用された(左から)鹿児島市出身のモデル・池田沙絵美(21)、中国河北省出身の胡楠(フウ・ナン、21)
 旭化成せんいは13日、都内で2012年水着素材発表会を開催した。

 素材機能としては、すでに定着した感のある速乾性やUVカット性より、根本的なストレッチ特性で差別化を図った素材群の採用が拡大しているといい、アイテム・デザインの多様化に対応するべく、よりか薄くて軽い素材、丸編み、織物が従来よりも多用されていると分析。

 今年同社では新素材の「ELACTION-PRO(エラクション・プロ)」を投入。「優れたストレッチ特性を発揮してどんな体の動きにも追随する」と自信をのぞかせ、これまでの「Sunplay」との両ブランドで訴求していく。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R