ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 見た目年齢にも影響!?この時期気をつけたい“プチ不調”

見た目年齢にも影響!?この時期気をつけたい“プチ不調”

肌荒れ、疲れ目、寝不足……女性は何かと不調に悩まされていることが多い!?

[拡大写真]

肌荒れ、疲れ目、寝不足……女性は何かと不調に悩まされていることが多い!?
 季節の変わり目は、体調に何かと変化が生じるもの。特にこの季節は花粉の影響などもあり、体の不調を感じる人も多いのではないだろうか?オリコン・コミュニケーションズがおこなった調査でも、病院に行くほどの本格的な病気ではないが、なんとなく体に不快を感じる“プチ不調”を自覚している20代〜30代の女性は、約90%にのぼった。

 また、「プチ不調は外見や見た目年齢に影響があるか」という質問には、半数近くの約48.5%が『影響ある』と答えていて、プチ不調は女性の美容の観点からも深刻な問題となっているようだ。

 さらにプチ不調の症状についても聞いたところ、1位は『頭痛・偏頭痛』となり、2位には『肩こり』、3位は『疲れやすさ』、4位が『目の疲れ』という結果になった。

 4位の『目の疲れ』の大きな要因で、『頭痛・偏頭痛』や『肩こり』の原因となる場合もある“目の酷使”は、今大きな問題となってきている。パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどを使用する機会が多い現代人にとって、目の酷使は避けがたいこと。しかし、画面から発せられる“ブルーライト”を低減すれば、今までと同じように画面に向かっていても目の疲れや目の疲労などの症状が改善される可能性も示唆されている。
 
 実際、アイウェアショップJINS(ジンズ)が販売するブルーライトを低減する機能性メガネ「JINS PC」を使ったいくつかの実験では、「JINS PC」を着用した場合、「(目の)ピントが合わない」「モニターがギラギラ見える」などの、モニターやディスプレイを使用した作業に起因すると思われる項目の改善が見られるという結果が出ている。「JINS PC」はOLやビジネスマンなどを中心に人気を集め、売り上げも好調に推移しているという。

 見た目年齢にも影響する“プチ不調”は女子にとって深刻な問題。紫外線対策も必要だが、ブルーライト対策も考えてみよう!


【調査概要】
調査名:プチ不調に関する調査
調査期間:2012年2月20日(月)〜2月23日(木)
調査対象者:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の中で、事前調査で「プチ不調を感じている」と回答した20〜30代女性600人
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R