ホーム 旅行・おでかけ > USJ「ハリポタ」オープン前夜祭、ドラコ・マルフォイら豪華ゲスト集結

USJ「ハリポタ」オープン前夜祭、ドラコ・マルフォイら豪華ゲスト集結

ホグズミード村の夜空を彩った色とりどりの花火

[拡大写真]

ホグズミード村の夜空を彩った色とりどりの花火
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で14日、映画や小説で人気の『ハリー・ポッター』の世界を再現した新エリア「The Wizarding World of Harry Potter(ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター)」のグランドオープンを前に、前夜祭が行われた。イベントにはユー・エス・ジェイのグレン・ガンペル社長をはじめ、ドラコ・マルフォイ役のトム・フェルトン、ルーナ・ラブミッド役のイヴァナ・リンチらが登壇。USJ大使を務める人気アイドルグループのSMAPや、同施設ファンクラブ会長を務めるタレントのベッキーも駆けつけ、記念すべき一夜を彩った。

 新エリアのホグズミード村に設置されたレッドカーペットにSMAPらが登場すると、この日特別に招待された約1000人のゲストから大歓声が。トムとイヴァナがゲストと一緒に「ルーモス!(光よ)」と呪文を唱えると、ホグワーツ城を中心とした同エリア全体に光が灯ったほか、無数の花火が打ち上がった。

 日本で根強い人気を誇るキャラクター・マルフォイを演じたトムは、「本日この日をファンの皆さんと迎えられたことを本当に光栄に思います」とあいさつ。SMAPも「大阪からUSJからハリポタから日本が元気になってくれればと思います」(中居正広)、「いよいよです。待ちに待ったハリポタが明日オープンします!一足先に体験しましたがものすごいです。世界一のエンタテインメントをお楽しみに!」(木村拓哉)と、グランドオープンを祝福した。

 同エリアは東京ドームのグランド約3個分という広大な敷地に2つのライド・アクションとショップ8店舗、レストラン2店舗からなる同エリアは、映画シリーズでプロダクション・デザイナーを務めたスチュワート・クレイグ氏監修のもと、“本物”へのこだわりを追求して制作された世界観が特徴。

 総投資額450億円という壮大なプロジェクトに、完成したばかりのエリアを視察した『ハリー・ポッター』シリーズの作者であるJ.K.ローリング氏は、「職人技と細部にいたるこだわりは素晴らしく、私の記憶の中に永遠に残るでしょう。今後、日本とアジアのハリー・ポッターファンが、私が本を執筆していた際に心の中に思い描いていた世界を実際にパークで体験できることを心より嬉しく思います」とコメントを寄せている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R