ホーム エンタメ > 水原希子、熱い“上京時の想い”語る「エネルギーが弾けそうな状態」

水原希子、熱い“上京時の想い”語る「エネルギーが弾けそうな状態」

女性ファッション雑誌『25ans』の誌面を飾る水原希子

[拡大写真]

女性ファッション雑誌『25ans』の誌面を飾る水原希子
 モデルの杏からバトンを受け、女性ファッション雑誌『25ans(ヴァンサンカン)』(ハースト婦人画報社)の新カバーガールとなった水原希子が、初めて表紙を飾る28日発売の6月号でカバーガール就任特別企画としてリリー・フランキーと対談。モデルになりたくて上京したという水原は、「…ザワザワザワっとわけのわからないエネルギーが弾けそうな状態で、地元ではとても収まりきらない気がして。それで何ができるかもわからず、16歳で神戸を飛び出した」と、普段のクールなイメージからは想像できない青春エピソードを披露している。

 同誌では、毎月のテーマに沿って水原が最旬スタイルを着こなす新連載「KIKO MAG.」もスタート。6月号では“東京ナイトアウト”をテーマに、夜遊びにピッタリなシャイニーな着こなしで、ライトアップされた夜の東京を水原が闊歩する。また、水原が気になる事柄をさまざまな角度から紹介する連載「KIKO loves...」も次号から始まることが決定。表紙だけでなく、誌面でも水原の魅力あふれる姿を追っている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R