ホーム ファッション > アクセの手作り体験も スワロフスキーがハンドメイドの祭典に初参加

アクセの手作り体験も スワロフスキーがハンドメイドの祭典に初参加

スワロフスキー・ジャパンが初出店した「Handmade in Japan Fes 2015」の様子

[拡大写真]

スワロフスキー・ジャパンが初出店した「Handmade in Japan Fes 2015」の様子
 クリスタルブランド「スワロフスキー・ジャパン」が、25・26日に東京ビッグサイトで開催された「Handmade in Japan Fes 2015(以下HMJ)」に初めて出店。スワロフスキー・クリスタルの展示や、来場者がスワロフスキーのクリスタルでアクセサリー作りを体験できるワークショップ、自分の好みにカスタマイズして購入もできるポップアップショップなどを展開し、集まった女子を魅了した。

 今回の出店はスワロフスキー・クリスタルを自分らしく楽しむためのコミュニティ「Create Your Style」が行ったもの。スワロフスキー・クリスタルがキラキラと輝くブースには、1点もののレアアイテムやさまざまなクリスタルを紹介するコーナーも設けられた。

 特に女子の心を引きつけたのが、ビジューネックレスをはじめ、ビジュー&フォークリング、イヤーカフなどのキットが販売されたポップアップショップ。オリジナルカラー&デザインのクリスタルを選び、自分だけのアクセサリーを作れるというこの限定ショップには、20〜40代の女性のほかカップルも多数訪れ、ジュエリー作りに挑戦する男性の姿も。「かわいいアクセサリーが自分で作れて嬉しい」「思っていたより簡単に作ることができた」と、オンリーワンのスワロフスキーアクセに胸を躍らせていた。

 HMJは、今年で3回目を迎えるクリエイターの祭典で、毎年20〜30代の女性を中心に5万人以上が集結。今回は2日間で約5000人のクリエイターが手掛けた作品が集結。来場者たちはハンドメイドの魅力と楽しさを満喫していた。




関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R