ホーム エンタメ > 山岸舞彩、結婚と番組降板を生報告 祝福に笑顔で「ありがとうございます」

山岸舞彩、結婚と番組降板を生報告 祝福に笑顔で「ありがとうございます」

キャスターを務める『NEWS ZERO』で結婚を報告した山岸舞彩 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

キャスターを務める『NEWS ZERO』で結婚を報告した山岸舞彩 (C)ORICON NewS inc.
 28日に30代の一般男性と結婚していたことを発表したフリーアナウンサーの山岸舞彩(28)が、キャスターを務める日本テレビ系『NEWS ZERO』(月〜木 後11:00、金 11:30)に生出演。番組内で結婚と9月末をもって同番組を降板し芸能界を引退することを自ら報告した。

 番組終盤、村尾信尚キャスターが「山岸さんから報告があります」と切りだすと、山岸は「私事で大変恐縮なんですけれど、この度、一般の男性の方と結婚いたしました。あと2ヶ月あまり、これまで以上に番組に対して真摯に取り組んで参りたいと思っておりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします」とあいさつ。曜日キャスターで女優の桐谷美玲や村尾キャスターから「おめでとうございます」と祝福されると、「ありがとうございます」と笑顔を見せた。

 この日、一部スポーツ紙が山岸の結婚を報じると、所属事務所を通じて「私事で大変恐縮ではありますが、一部報道にもありました通り、この度一般の男性の方と入籍致しました事をご報告させていただきます」とファクスで直筆コメントを出した。

 かつては「結婚願望はない。仕事を続けたい」とインタビューなどで発言してきたが、「これからは彼を、そして彼の仕事を支えていく為に、家庭に、入る決心を致しました」と9月末での番組降板と引退を決意。「あと二ヶ月余りという僅かな時間ではありますが、今まで以上に、真摯に仕事に向き合い、全力で取り組んで参りますので、どうぞよろしくお願い致します」と呼びかけていた。

 山岸は2006年『東レ水着キャンペーンガール』に選出。11年4月から13年3月までNHK『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』のメインキャスターを務め、12年夏のロンドン五輪で現地キャスターを担当。13年4月に『NEWS ZERO』のキャスターに就任した。また、書道では師範の腕前を持つことでも知られる。報道によると、お相手の30代一般男性とは仕事以外のところで知り合い、昨秋から交際をスタート。婚姻届を提出したのは最近という。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R