ホーム 旅行・おでかけ > ディズニー・ハロウィーン、雨天でお披露目ショー変更

ディズニー・ハロウィーン、雨天でお披露目ショー変更

一部ショー内容を変更して行われた「ザ・ヴィランズ・ワールド」 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

一部ショー内容を変更して行われた「ザ・ヴィランズ・ワールド」 (C)oricon ME inc.
 東京ディズニーリゾートで7日、明日8日からスタートする秋の定番イベント「ディズニー・ハロウィーン」が一足先に報道陣に公開された。朝から雨が降り続いた東京ディズニーシー(TDS)では、プログラム「ザ・ヴィランズ・ワールド」の開始前に雨が上がったものの、一部ショーの内容を変更。初の“ヴィランズ=悪役”が主役となるハロウィーンのお披露目は、船上のみのショーとなった。

 TDSでは、“ヴィランズ一色の、クールで妖しいハロウィーン”をテーマにハロウィーンプログラムを一新。「ザ・ヴィランズ・ワールド」をはじめ、ゲストとディズニーの仲間たちが交流するグリーティングショーなどを予定。怪しげな異空間に変貌したパークで、ミッキーマウスやミニーマウスらディズニーの仲間たちとヴィランズがクールなハロウィンを繰り広げる。

 東京ディズニーランド(TDL)では、ディズニーの仲間たちと陽気なおばけたちによる“ハロウィーン・フェア”を開催。パレード「ハッピーハロウィーンハーベスト」では、仮想したディズニーの仲間たちとパンプキンが登場。今年は「風変わりなお菓子」が新たにモチーフに加わり、ミッキーやミニーの衣装も新しくなるなど、明るく手作り感あふれるパレードとなっている。

 TDSとTDLの「ディズニー・ハロウィーン」は、9月8日から11月1日までの55日間にわたって開催される。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R