ホーム ファッション > クロエ、アディダス… MAISON DE REEFUR、5種のコラボコレクション

クロエ、アディダス… MAISON DE REEFUR、5種のコラボコレクション

梨花プロデュース「MAISON DE REEFUR」4周年記念コレクション

[拡大写真]

梨花プロデュース「MAISON DE REEFUR」4周年記念コレクション
 モデルの梨花がプロデュースするライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR」(東京・渋谷区)に、Chloe(クロエ)やadidas Originals(アディダス オリジナルス)などの人気ブランドとコラボレーションしたアイテムが登場。MAISON DE REEFURならではの洗練された大人カジュアルと各ブランドの個性がミックスされたアイテムの数々は、この春のファッションに華やかなエッセンスを加えてくれそう。

 16日(一部29日)より展開されるコラボCOLLECTIONは、ブランド誕生4周年を記念して企画されたもの。コラボレーションしたのは計5ブランド。なかにはキッズライン「LI HUA Kids(リーファーキッズ)」と「BARBAPAPA(バーバパパ)」がコラボレーションしたキッズ向けアイテムも…。

 特にオシャレなオトナ女性たちが注目すべきは、2014年にもコラボレートして大きな話題になったクロエ。今回はスカラップディティールが印象的なバレリーナシューズ『lauren(ローレン)』(税別5万7000円〜)の別注カラーとして「PINK BERRY」「PASTEL」「DARK KHAKI」の3色を用意。甘すぎず背伸びしすぎないカジュアルなオトナカラーで、MAISON DE REEFURの個性をプラスしている。

 スポーティーカジュアルの定番ブランドであるアディダス オリジナルスとは、モダンなデザインのシューズ『Stan Smith MAISON(スタンスミス メゾン)』を共同開発(同1万5000円)。万能&トレンド感のあるホワイトカラーで、ロゴとヒールパッチはグレーカラーを配してカジュアル過ぎないモダンさをプラス。特別に作成したパイル生地のインソールを使用し、履き心地と“脱いだ時のおしゃれ感”にも配慮している。こちらはウィメンズのほかメンズ、キッズモデルも展開。

 そのほか、フラワーアートユニット「Plantica(プランティカ)」の撮り下ろしフラワーフォトを使用したシルクスカーフ(同8000円)や、押し花を閉じ込めた1点もののiphoneケース(同7500円)、トラベルケースなどで有名な英国発バッグブランド「グローブ・トロッター」のレザーバック『SMALL BOWLING BAG』(同14万8000円)も用意されている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R