ホーム ファッション > 貴重なティアラ&ウエディングドレスも初公開〜松屋銀座「グレース・ケリー展」開催

貴重なティアラ&ウエディングドレスも初公開〜松屋銀座「グレース・ケリー展」開催

8日より開催『日本モナコ友好10周年記念 グレース・ケリー展』 /Grace Kelly(C)Howell Conant/Bob Adelman Books, Inc

[拡大写真]

8日より開催『日本モナコ友好10周年記念 グレース・ケリー展』 /Grace Kelly(C)Howell Conant/Bob Adelman Books, Inc
 松屋銀座(東京・中央区)にて8日より、グレース・ケリーが使用したドレスやジュエリーなど約50点を、公室所蔵の貴重な写真や映像とともに展示する『日本モナコ友好10周年記念 グレース・ケリー展』が開催される。なかでも世界初公開となる214個のダイヤモンドが煌めくティアラと、日本初公開となる繊細なアンティークレースに数百個のパールをあしらったウエディングドレスは見どころのひとつ。

 グレース・ケリーは、上品な佇まいと溢れ出る美貌で人気を博した銀幕を代表するハリウッド女優。アルフレッド・ヒッチコック作品の『ダイヤルMを廻せ!』や『裏窓』、『泥棒成金』などでヒロインを務め、人気絶頂期にモナコ公国レニエ3世公と結婚し、世界中の注目を集めた。たぐいまれな美貌のほか、ファッションセンスの良さも女性たちの憧れで、彼女が使用していたことで注目されたエルメスの「サック・ア・クロア」は、のちに「ケリーバッグ」と改名されたほど。

 展覧会ではエルメスのケリーバッグをはじめ、愛用したディオールやシャネル、バレンシアガ、イヴ・サンローラン、ジバンシィ、グッチ、カルティエなど、当時の流行をおさえつつも、気品を感じるドレスやジュエリーを展示。

 グッズコーナーでは、仏デザイナーであるマリアンヌ・バトルの「グレースケリーブローチ」(税抜1万7500円〜2万1500円)や、ヘアアクセサリーブランドであるアレクサンドル・ドゥ・パリの限定カラー&デザインのバレッタ(小1万6000〜、大2万9000円)など、展覧会期間中にしか購入できないコラボレーショングッズも販売。

 期間は26日までで、入場料金は一般1000円(前売700円)。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R