ホーム 恋愛・暮らし > 「目指せ”家猫ちゃん”の奇跡の1枚」SNSで話題の猫カメラマンが撮影法をレクチャー

「目指せ”家猫ちゃん”の奇跡の1枚」SNSで話題の猫カメラマンが撮影法をレクチャー

家猫の「奇跡の1枚」を撮る技をレクチャー本『ねこ拳撮影術』(久方広之・著/8月16日発売/玄光社)

[拡大写真]

家猫の「奇跡の1枚」を撮る技をレクチャー本『ねこ拳撮影術』(久方広之・著/8月16日発売/玄光社)
 猫の必死な表情と、2本足で踏ん張り両手を挙げている写真がSNSを中心に話題。体をしならせた宙を舞うものや、片足を上げてダンスをしているようなものなど、猫の一瞬の動きを切り取った躍動感のある写真がおもしろい。そんな猫写真をまとめた『ねこ拳撮影術』(玄光社)が、8月16日に発売される。動きのある猫フォトを撮るには「無理は禁物」だと、本書の著者でフォトグラファーの久方広之氏は解説する。

 久方氏はこれまでに『のら猫拳』(アクセント名義)『のら猫拳キッズ』『はちわれ兄弟』と3冊の猫写真集を発売している。どれもコミカルなポーズをとった猫がユニークな作品を集めたものばかり。新作となる『ねこ拳撮影術』は、実家で猫を飼っている女子たちが「実家に帰ったとき、かわいくてみんなが撮影しないような猫の写真を撮影してSNSにアップしたいけど、簡単にできる方法を知りたい」という希望から生まれた。

 「動きの瞬間のとらえかた」や「表情の瞬間のとらえかた」など、スマートフォンから始められ、一人で家猫を撮影するコツを、久方氏がわかりやすく解説。「気分の上がり方も猫によってまちまち。30分ほどかけてだんだんテンションが上がってくる子もいれば、最初は元気だが10分もしないうちにすぐに飽きる子もいる」と、猫を撮り続けてきた久方氏だからこそレクチャーできる技も収められている。

 「思い通りにならないだろうが、猫とはそういうものだ。おおらかな気持ちで遊んでいただきたい」と久方氏は話す。決定的瞬間を逃さないためには、写真を撮る技術ももちろん必要だが、撮影する時の心構えや姿勢が大切なようだ。撮影術を知りたい人はもちろん、猫写真を見るのが好きな人も楽しめる一冊となっている。

 なお、8月3日から6日間、書籍の発売を記念してオリンパスプラザ東京(新宿区)にて写真展『ねこ拳 〜おもしろかわいい瞬間〜』を開催。翌日4日には、同所にて久方氏によるトークショーも行なわれる。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R