ホーム グルメ > 仏ショコラティエ、日本酒の新たな可能性を探る 多彩な味わいのチョコ発売へ

仏ショコラティエ、日本酒の新たな可能性を探る 多彩な味わいのチョコ発売へ

一粒378円(税込)。アルノー・ラエール広尾本店で販売される「パリ トウキョウ」

[拡大写真]

一粒378円(税込)。アルノー・ラエール広尾本店で販売される「パリ トウキョウ」
 フランス国家最優秀職人章のショコラティエ、アルノー・ラエール氏が手掛ける『アルノー・ラエール』から、微発泡の日本酒を使用した限定ショコラ「パリ トウキョウ」が登場。日本1号店となる広尾本店でお披露目会が行われ、登壇した同氏は「非常に滑らかで繊細なチョコレートに仕上がっています」と自信をのぞかせた。

 今年1月に、広尾本店をオープンした『アルノー・ラエール』は、パリに3店舗を持つ人気のパティスリーだ。ショコラティエのアルノー・ラエール氏は、2015年より3年連続「欠かすことのできないショコラティエ」という名誉ある賞にも選出されている。

 昨年パリで開催された「サロン・デュ・ショコラ パリ2017」で、同氏が宝酒造株式会社の『松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒』とショコラのマリアージュを絶賛。そのことをきっかけに開発された「パリ トウキョウ」は、2019年のバレンタインデーに合わせて、アルノー・ラエール広尾本店のみで、期間限定発売となる。

 女性でも飲みやすいフルーティーで微発泡な日本酒「澪」は、ショコラとの相性が抜群。口の中に含み、ゆっくり溶かしながら食べることで、このショコラの美味しさを堪能することができる。

「複雑な味のショコラを作りたいと考えていたときに、“澪”とショコラの美しい組み合わせを見つけることができました。“パリ トウキョウ”は、アーモンドペーストと、ほんの少しのレモンの果皮を入れた2層のガナッシュチョコレートを、ミルクチョコレートでコーティングしています。ほのかに香るフレッシュなレモンの香りが、アーモンドにほど良い酸味を与え、ミルクチョコレートと合わせることで濃厚になったチョコレートを、ぜひ体験していただきたい」と、アルノー・ラエール氏。

 発売は、2019年のバレンタインに合わせた2019年1月15日から2月14まで。販売価格は、一粒378円(税込)。アルノー・ラエール広尾本店で、期間限定発売となる。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019