ホーム エンタメ > 元宝塚の映美くらら、第2子女児出産「感動と安らぎと幸福を一生忘れない」

元宝塚の映美くらら、第2子女児出産「感動と安らぎと幸福を一生忘れない」

第2子女児出産を報告した映美くらら

[拡大写真]

第2子女児出産を報告した映美くらら
 元宝塚歌劇団月組トップ娘役で女優の映美くらら(39)が2日、自身のブログを更新し、第2子となる女児を出産したことを報告した。出産日については明かしていない。

 ブログでは「先日、第二子となる女の子を出産しました。おかげさまで娘も私も健康で元気に過ごしています。産まれてすぐの娘と肌と肌をくっつけて眠り、しばらく2人の時間を過ごしました。その時の感動と安らぎと幸福を私は一生忘れないと思います。ついこの前2歳になったと思った息子もお兄ちゃんになりました。私もまだまだとても未熟な母ですが、家族皆んなで手を取って一歩ずつ歩いていきたいと思います」とつづっている。

 続けて「無事に出産してから皆さんにご報告したかったので、このようなタイミングでのご報告となりました。こどもたちの様子や体調を見ながら、少しずつお仕事にも戻りたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願い致します!」と結んでいる。

 映美は1999年4月に宝塚歌劇団入団。2001年08月に入団3年目というスピードで、月組のトップ娘役に抜てきされ、04年10月に宝塚歌劇団退団。その後、女優としてドラマ『ホタルノヒカリ2』(日本テレビ)、連続テレビ小説『純と愛』(NHK)、『血の轍』(WOWOW)、『ペテロの葬列』『マザー・ゲーム』(ともにTBS)に出演した。15年に会社経営の一般男性と結婚し、昨年3月に第1子となる男児を出産したことを報告していた。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R