ホーム エンタメ > 新垣結衣、連載9年間の軌跡残す 編集長として参加“719カット”の超大作が完成「ぜひ手に」

新垣結衣、連載9年間の軌跡残す 編集長として参加“719カット”の超大作が完成「ぜひ手に」

12月5日に発売される『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019』

[拡大写真]

12月5日に発売される『YUI ARAGAKI NYLON JAPAN ARCHIVE BOOK 2010-2019』
 モデル・女優として活躍する新垣結衣(31)が登場した、ファッションマガジン『NYLON JAPAN』の2010年から2019年までの連載ページ、表紙、編集ページをまとめた1冊が12月5日に発売されることが26日に発表され、同時にその表紙画像が解禁された。

 バックナンバーを1冊にまとめるにあたり、出演のみならず企画、構成から全てのクリエイティヴに本人が編集長として参加。31歳のありのままを収めた撮り下ろし分は、着飾ることやメイクもせず、女優・新垣結衣としてではなく、普段見せることのない素の新垣結衣を映し出している。

 自身のビジュアルブックとしては7年ぶりとなる今作は、ボリューム・内容共に新垣結衣史上、渾身の一冊に新垣は「連載9年間の軌跡をこのような形で残す機会をいただき本当にうれしく思っています」とコメント。

 「撮り下ろしカットやインタビューなども加え、ページ数もサイズも中身も、盛りだくさんでスペシャルな1冊になりました。ぜひ手にとって楽しんでいただけたらと思います」とメッセージしている。

 今回のアーカイヴブックは、『NYLON JAPAN』に出演した22歳から31歳までの9年分の新垣を1冊にまとめ、書店陳列に悩んでしまうほどの規格外のワイドサイズ(A3変形横本)。そのほか、普段見ることのない5時間に及ぶ1万字超ロングインタビューも掲載し、総ページ数324ページ、写真点数719カット。撮り下ろし38ページ、連載未公開写真も多数掲載している。



関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R