ホーム エンタメ > 山本美月、連日のイベント登場 瀬戸康史との熱愛質問に無言

山本美月、連日のイベント登場 瀬戸康史との熱愛質問に無言

瀬戸康史との熱愛質問に無言の山本美月=『OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS2019』点灯式 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

瀬戸康史との熱愛質問に無言の山本美月=『OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS2019』点灯式 (C)ORICON NewS inc.
 女優の山本美月(28)が13日、東京・表参道ヒルズで行われた『OMOTESANDO HILLS CHRISTMAS2019』点灯式に出席。先月末に『文春オンライン』(週刊文春)で俳優の瀬戸康史(31)との“真剣交際”が報じられ、きのう12日にはイベントに登場し、声かけを受けるも笑顔でスルーしていたが、この日も報道陣の声かけに軽く会釈したものの無言を貫いた。

 自身のクリスマスの思い出について「大人になってから気づいたのですが、うちは24日の夜にサンタさんがピンポンって家に来るんです。何かサンタさんはお父さんにちょっと似ているなと思っていました」とにっこり。「外から鈴の音がして、やって来るのが山本家のサンタでしたね。なぜかほしいものがくれるっていう不思議でした」と声を弾ませた。

 2人は今年4月期に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)で共演しており、文春では「その仕事を通して急接近したのでしょう」などの芸能プロ関係者の話や、2人のツーショット写真を交え“真剣交際”を伝えている。双方の所属事務所は、ORICON NEWSの取材に「プライベートは本人に任せております」とコメントした。

 山本は今月2日に熊本市内のイベントに登場していたが、熱愛については語らず。きのう12日の都内イベントで報道陣から熱愛について「熱愛報道が出ていますが交際は順調ですか?」「結婚はあるんですか?」という質問が飛んだが、雑音にかき消され、笑顔でスルーしていた。

 きょう13日から12月25日までの期間中、表参道ヒルズの本館・吹抜け大階段では「Brillant Aqua Tree〜水の魔法にいざなわれるクリスマス〜」をテーマに、アートやデザインの視点を取り入れたイルミネーションを実施。約40個の特殊な水槽に囲まれた高さ約7メートルのクリスマスツリーが登場し、天井部には水槽をイメージしたゴールドのフレームがオブジェとして装飾されている。

 今回のイルミネーションを一緒に見に行きたい相手について「母がSNS映えする写真が好きなので、ぜひ一緒に来たいですね。クリスマスはどうしても毎年お仕事なのですが、お休みをいただいたら、表参道でイルミネーションを見ながらショッピングしたいです」とコメント。今年の活動について「海外にいる機会が多くて。違う世界を見ると、とても刺激を受けました」と振り返りながら「イルミネーションのように、人として女優として変化し続けていきたい」と来年に向けての抱負を語っていた。



関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R