ホーム ファッション > 有末麻祐子、アパレルブランド立ち上げ「私自身の好きを詰め込みました」

有末麻祐子、アパレルブランド立ち上げ「私自身の好きを詰め込みました」

アパレルブランドを立ち上げた有末麻祐子=『MATURED』展示会 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

アパレルブランドを立ち上げた有末麻祐子=『MATURED』展示会 (C)ORICON NewS inc.
 モデルの有末麻祐子(29)がディレクションを務めるアパレルブランド『MATURED(マチュアード)』が23日、東京・渋谷で展示会を開催した。

 現在、『CLASSY』『Oggi』『BAILA』『andGIRL』の4誌にレギュラー出演するなど、モデルとして引っ張りだこの有末。新ブランド立ち上げの経緯について「20代前半に他社のブランドのディレクションを1年間、やらせていただいたことがあって、そのときにプロの方に囲まれて、洋服を作る過程を初めて知りました。そこから洋服を作りたい、いつかブランドをやりたいと思っていたんです」と明かした。

 お気に入りのアイテムを紹介しながら「トータルコーディネートで足し算、引き算ができるような、頑張りすぎないデザインを意識しました」。苦労した点を問われると「一年生なので知識も少なく、教えてもらいながらやっています。まだ知らないアパレル用語も多いですし、とにかくスピーディーに進んでいくので、そのスピード感に慣れようと必死です」と初々しく語った。

 「自分のクローゼットの中のような、私自身の好きを詰め込みました」と、出来栄えに胸を張った有末。ブランド名には「成熟」という意味が込められており「30代に向けてステップアップしていきたい女性が、ブランドとともに成熟、成長していってもらえたら」と呼びかけていた。



関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)