ホーム ペット > 「食べ物の”音”を理解している」ドヤ顔でジャーキーを持ってきたコーギーの佇まいに反響

「食べ物の”音”を理解している」ドヤ顔でジャーキーを持ってきたコーギーの佇まいに反響

「これ美味しかったの覚えてます…」ドヤ顔でジャーキーをもってくるベルちゃん(画像提供:@BELL_1030)

[拡大写真]

「これ美味しかったの覚えてます…」ドヤ顔でジャーキーをもってくるベルちゃん(画像提供[email protected]_1030)
 「これ、おいしかったの覚えてます…」そんな目で訴えてきたように見えたという、コーギー・ベルちゃん[email protected]_1030)の写真が話題に。ジャーキーの袋をけして破らずに飼い主さんをドヤ顔で見つめてくる様子に「自分で袋を破らないのがすごい」「なかななの策士ですね」と反響が集まった。胴長で短足な体つき、表情の豊かさなど、たくさんの魅力で人々を引き付けるコーギーの魅力を飼い主さんに聞いた。

■「とにかく食い意地がすごくて、食べ物の”音”を理解している」

 ベルちゃんが『まるごと肉巻きジャーキー』をくわえて歩いてきたものの、その袋が破られた様子はなかったという。袋を破って食べちゃおうとしなかったことに、称賛のコメントも集まった。

「ここまでの注目を浴びたことに家族一同とにかく驚いています! リプライや引用RTでたくさん褒めていただいてとても嬉しいのですが、ベルってイイコなの…!?と思ってしまいました(笑)。また、皆さんの『うちの子だったらこうする!』というコメントはかわいくて笑ってしまうものばかりで、面白かったです」

 『まるごと肉巻きジャーキー』は、実は先代犬の命日に供えたものだった。ベルちゃんは買ってきた時から「なんで私にくれないの?」と不思議そうな顔をしていたという。

「炊飯器の開く音、トースターの音、冷凍庫をあけて食器棚からスプーンを出す音(アイス)…ベルはすべてわかります。どこにいても走ってきます。とにかく食い意地がすごく、正直に言うと呆れてしまうこともあります(笑)。楽しいとき、怒られて不満なとき、おやつが欲しいとき、いろんな表情を見せてくれて、犬ってこんなに顔に出るの!?とつい笑ってしまうくらい可愛らしいです。ベルの犬生が、楽しい、美味しい、幸せな気持ちでいっぱいになるように、家族みんな仲良く過ごしていきたいと思っています。」

■へそ天ポーズがSNSで話題に、マイペースすぎるコーギー兄弟 昨年末にツイッターで多くのいいねを集めたペットアカウント・mu-chiさん[email protected])も、コーギー2匹を飼っていて、自由にのびのびと暮らすペットたちの様子に反響が集まっている。

 mu-chiさんのコーギーたちが自宅でまったりする時によくしているポーズは、”へそ天”といって、ゴロンと仰向けになって寝転ぶポーズだ。まったく人の動きを気にすることなく、ときには居間のど真ん中で仰向けになって眠り続ける様子に「なんて平和な空間なんだ」「私も一緒にまぜてほしい」とコメントが。

「多くの反響をいただいて嬉しいです。独特な格好で寝ているのを初めて見たときは、『珍しいから動画を撮っておこう』と思いました。でも、毎日どんどん可笑しな格好で寝るようになってきて、この子たちはすごくリラックスできているのだと思えて、飼い主としては嬉しいです」

 mu-chiさんのツイッターに投稿されている動画や写真を見ていて感じるのは、ペットたちが自分のペースで伸び伸びと暮らしていることだ。これは、mu-chiさんの方針でもあるという。

「うちは”お手”や”お座り”など、生活に必要のないことは教えないようにしていて、教えているのは、緊急時に必要な”ハウス”や”伏せ”、”待て”、”おいで”だけなんです。犬は猫と違って、指示をしてしまうとやりたくなくても指示通りに動いてしまうので…意味ない指示でご褒美をあげることはしないようにしています。もしかしたら、そのせいですごくリラックスできているのかも、と思っていますので、これからものんびり自由に過ごさせてあげたいです」



関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)