ホーム ファッション > アニヴェルセル、ウエディングフォトのニーズ増加で”写真映え”新作ドレスラインアップを発表

アニヴェルセル、ウエディングフォトのニーズ増加で”写真映え”新作ドレスラインアップを発表

L'abeille/ラベイユ(Luxe Areve)

[拡大写真]

L'abeille/ラベイユ(Luxe Areve)
 アニヴェルセルオリジナルドレスコレクション「Areve(アレーヴ)」の新作ラインアップが6月よりレンタルを順次開始。ウエディングフォトのニーズが増えていることを受け、今まで以上に”写真映えの美しさ”にこだわった新ライン「Luxe Areve(リュクス・アレーヴ)」を発表した。

 アニヴェルセル株式会社とTAKAMI BRIDALというウエディング業界を牽引する2つの会社がコラボしてできた同ブランドは、2017年よりレンタルを開始。結婚式を彩るドレスブランドとして人気を集めてきた。

 新作ドレスの 「L'abeille/ラベイユ(Luxe Areve)」は、パニエをなくし、大きく開いた背中のラインが特徴的なシンプルかつエレガントなドレス。

 製作に携わったスタッフは「最近では、フォトウエディングやファミリーウエディングなどを選ばれる方も増えています。通常の結婚式と比べると、ご新郎ご新婦が気軽に動き回れるような結婚式スタイルのため、より動きやすく、写真を撮った時に可愛さが際立つドレスが必要だと思いました」とデザインについて解説。

 背中を限界まで大きく開けた大胆なデザインで、ドレープは取り外しが可能に。色々なシーンでドレスに変化をつけたいという要望も多くあったことから、挙式、ウェルカムパーティ、さらには写真撮影といったシーンに合わせて自在にアレンジできるように仕上げたという。

 今回は新作ラインアップとして「Luxe Areve(リュクス・アレーヴ)」の1型を含めウエディングドレス4型と、カラードレス1型を用意。レンタル開始日はドレスによって異なるため、詳細はドレスサロンにて。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ