ホーム ファッション > 猫型フォルムの「水玉ネコバスケット」が登場、収益は保護猫施設の運営や殺処分対象の猫を救うために活用

猫型フォルムの「水玉ネコバスケット」が登場、収益は保護猫施設の運営や殺処分対象の猫を救うために活用

「DOT NECO BASKET(水玉ネコバスケット)」

[拡大写真]

「DOT NECO BASKET(水玉ネコバスケット)」
 保護猫カフェや保護猫のための施設を運営しているネコリパブリックのブランド「NECOREPA/」が、あらたに「DOT NECO BASKET(水玉ネコバスケット)」を発売することを発表した。収益は、保護猫カフェ・ネコリパブリックの運営や、保健所から殺処分対象の猫を救うために活用され、保護猫の命をつなぐために使われるという。

 今回発売される「DOT NECO BASKET(水玉ネコバスケット)」は、オンライン予約限定のモデル。カラーは、三毛、ブリティッシュショートヘアーグレー、黒ぶち、茶トラの4種類。

 フロント側の耳部分は、猫をつかまえ、不妊手術し、元の場所に戻す”TNR活動”の象徴ともいえる”さくら耳”になっている。

 オーダーをうけた分のみ、岐阜県にある革工房にてひとつひとつ熟練の革職人が手作業で作り上げる。フォーマルな場も、ちょっとしたお出かけも、様々なシーンでファッションのワンポイントになるデザインになっている。

 販売期間は8月27日(金)17:30〜9月30日(木)23:59までの期間限定。水玉ネコバスケットはオンライン予約限定の受注生産となる。



関連写真

関連リンク

タグ
シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ