ホーム 旅行&おでかけ > マスクで顔を覆うことが習慣化した日常に「”彩り”が蘇るように」…アンダーズ 東京の2021年クリスマスツリー登場

マスクで顔を覆うことが習慣化した日常に「”彩り”が蘇るように」…アンダーズ 東京の2021年クリスマスツリー登場

アンダーズ 東京とアーティストitu’(イトゥ)氏がコラボレーション

アンダーズ 東京とアーティストitu’(イトゥ)氏がコラボレーション

写真ページを見る

 「アンダーズ 東京」では、『ライフスタイルにアートを』をコンセプトに2021年のクリスマスツリーを制作。フランス・パリを拠点に世界で活躍するアーティストitu’(イトゥ)氏とコラボし、日本の冬を象徴する伝統技術”雪吊り”を立体デザインとして変容させたクリスマスツリー「WA-YO Fusion Christmas Tree」が51階ホテルロビーに飾られている。

 同ホテルでは、2015年のクリスマスよりオリジナリティ溢れるユニークなクリスマスツリーを制作してきた。2021年のオリジナルクリスマスツリーは、『ライフスタイルにアートを』をコンセプトに、フランス・パリを拠点に世界で活躍するアーティスト・itu’(イトゥ)氏とのコラボレーションが実現。同ホテルが大切にしている「Immersive(地域の魅力への没入感)」や「パーソナルスタイル」といったブランドに同氏が共鳴し、「和」の象徴ともいえる松や雪吊りを「洋」のクリスマスツリーに昇華させることで、「二つの異なる文化の融合」と「新たな未来の創造」を表現している。

 クリスマスツリーを鮮やかに彩るオーナメントにも注目。様々な表情の顔をカラフルに描くことで、個性の表現や多様性を重んじる時代への変容、そしてマスクで顔を覆うことが習慣化した日常に彩りが蘇るようにと、明るい未来への願いが込められている。

 「WA-YO Fusion Christmas Tree」は、12月25日(土)まで展示予定。



関連写真

関連リンク

シェア

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ