ホーム 旅行&おでかけ > 冬の星明りと一面のランタンキャンドルは壮観「軽井沢高原教会 星降る森のクリスマス」を開催

冬の星明りと一面のランタンキャンドルは壮観「軽井沢高原教会 星降る森のクリスマス」を開催

2023-11-01 12:00 eltha

 軽井沢高原教会が「軽井沢高原教会 星降る森のクリスマス」を開催。本物の火が灯るランタンキャンドル、空に向かって輝く大きなクリスマスツリーと満天に輝く冬の星空はこの時期ならではのものだ。

【軽井沢高原教会】星降る森のクリスマス

【軽井沢高原教会】星降る森のクリスマス

写真ページを見る

 軽井沢高原教会は、1921年(大正10年)に開かれた「芸術自由教育講習会」を原点に誕生。作家の島崎藤村や北原白秋など、当時を代表する文化人の集いの場所であったとされ、誰にでも開かれた教会として知られる。現在では、挙式や結婚式会場として人気のスポットとなっている。

 かつて軽井沢を拓いた宣教師がランタンで町を照らした風習を受け継いだという当イベント。そんな今年は、“ひらく”をテーマに、さまざまな催しを用意。教会一面に広がるランタンキャンドルと空に向かって輝くクリスマスツリー、森の中央に開かれた「星明かりのプロムナード」、訪れる人々を誘う「星降る森のクリスマス」(毎日19時〜21時30分)、教会の周辺をランタンを手に散策できる「ランタン散策」(毎日19時〜21時30分)のほか、牧師の講話とゴスペルを組み合わせた「クリスマス音楽礼拝」(毎週日曜19時15分/20時※予約制)、バイオリンとビオラ、チェロによる生演奏(毎週土曜19時30分/20時/20時30分:各15分※予約制)、教会オリジナルクリスマスカードで大切な人に手紙を綴る「クリスマスレター」(毎日19時〜21時30分※郵送はご自身で)など、もりだくさんとなっており、来訪者が新しい扉を開き、希望の道を拓ける、素敵な明日への一歩を踏み出せるような想いが込められている。

 「軽井沢高原教会 星降る森のクリスマス」は12月3日〜25日に開催。なお、「軽井沢高原教会インスタライブ」はクリスマスイブの24日18時40分より開催予定。



関連写真

関連リンク

Facebook

あなたにおすすめの記事

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ