ホーム エンタメ > 榊原郁恵、車上荒らし被害も「頼れるのはやっぱり夫!」

榊原郁恵、車上荒らし被害も「頼れるのはやっぱり夫!」

芸能生活30周年を迎える榊原郁恵 

[拡大写真]

芸能生活30周年を迎える榊原郁恵 
■その他の写真はこちら

 10月16日(火)に東京・世田谷区内の路上で車上荒らしの被害に遭っていたタレントの榊原郁恵が25日(木)、都内で料理本『郁恵のおいしい食卓』の出版会見で「頭の中が、真っ白になった」と当時の心境を語った。

 当日は、普段からよく訪れるという知人宅を訪問していたが、窓は開けっ放しで車の鍵も挿したままだったという。榊原は「本当にうっかりしてて、バカだった。一番痛いのは、携帯電話。周りにご迷惑がかかっていないかが本当に心配。他はいいので、携帯だけでも返して欲しい・・・」と訴えた。また、パニックになっていた自分を夫・渡辺徹が冷静にサポートしてくれたといい「関係先への連絡はもちろん、警察へも一緒に行ってくれた。今年、結婚20周年ですが、何かあっても人の気持ちを考えてくれる方と出会えたのが(結婚生活が)続いた要因だと思う」と夫婦円満の秘訣を話した。

 この日は、料理設備が整った会場で鶏肉のトマト煮を調理。今秋まで16年間料理番組にも出演していたが「やっぱり、隣に井森(美幸)ちゃんが居ないと寂しい。誰か、相手して〜!」と叫びながら奮闘していた。渡辺家のレシピを丸ごと一冊にした料理本『郁恵のおいしい食卓』(主婦と生活社刊)は27日(土)発売。

関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R