ホーム グルメ > コンビニおにぎり競争に新展開 ローソンが168円の高級商品投入

コンビニおにぎり競争に新展開 ローソンが168円の高級商品投入

ローソンが20日より発売する新高級おにぎりブランド商品第1弾『贅沢新潟コシヒカリおにぎりキングサーモンハラミ』 

[拡大写真]

ローソンが20日より発売する新高級おにぎりブランド商品第1弾『贅沢新潟コシヒカリおにぎりキングサーモンハラミ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 ローソンは15日、都内で会見を開き、新たに高級食材を使用したおにぎり『贅沢新潟コシヒカリおにぎりシリーズ』を20日より全国で発売すると発表した。第1弾商品は「キングサーモンハラミ」で価格は税込み168円。コンビニエンスストアのおにぎりは同社が2002年に『新潟コシヒカリおにぎりシリーズ』を発売した頃より、各社が高級ラインを展開するようになったが、近年では消費の冷え込みもあり、期間限定割引セールが消費者の関心を集めていた。同社の高級商品再投入が“コンビニおにぎり競争”の台風の目になるか、注目が集まる。

 今回発売される『贅沢新潟コシヒカリおにぎりキングサーモンハラミ』はニュージーランド産のキングサーモンを使用。ハラミの部分のみを大きくカットして、魚醤と北海道産の昆布のだしで漬け込み焼き上げている。

 また、8月10日にはアラスカ・ロシア産の上質な助子を使った『贅沢新潟コシヒカリおにぎり熟成辛子明太子』を発売。板昆布と一緒に漬け込み長時間熟成させた大ぶりの明太子が中具に使われている。ともにこれまで具材として使用したことがない高級食材を用いている点が特長で、今後は月に1品ずつその季節にしか食べられない食材を用いて新商品を発売していく。

 コンビニエンスストア各社は近年、消費者呼び込みを狙いおにぎりの値下げキャンペーンを行っているほか、セブン−イレブン・ジャパンは今年3月に「味・品質で絶対的な差別化を図る」(同社)ため、7年ぶりにおにぎり全品をリニューアル。価格は据え置きのまま素材を見直して風味を向上させている。また、ファミリーマートも定番おにぎりについては割引キャンペーンを行いつつ、ブランド米「金芽米」を使用した高級ラインを展開。ローソンは6月末より従来の高級ライン『新潟コシヒカリおにぎりシリーズ』の価格を139円均一に再設定して発売しており、同ブランドの販売数は対前年比約2倍になっているという。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R