ホーム エンタメ > 杏、連ドラ初主演&初ママ役で母性開花「子どもに会いたくてしょうがない」

杏、連ドラ初主演&初ママ役で母性開花「子どもに会いたくてしょうがない」

2011.04.04 16:00

 モデルで女優の杏(24)が4日、都内で行われた初主演連続ドラマ『名前をなくした女神』(フジテレビ系 毎週火 後9:00 ※12日スタート)の制作発表会に出席した。同作で杏は「すべてが新しい世界の役で毎日新鮮な日々。子供と名前を呼び合う自分の顔が、見たことないくらい優しいことを発見しました」とママ役に初挑戦。夫役の俳優・つるの剛士との間の5歳の“我が子”に「毎日会いたくてしょうがないくらいかわいい!」と母性に目覚めたようだった。

 同ドラマは、同じ歳ほどの子どもを持つ母親同士が子育てや...

関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019