ホーム エンタメ > 高橋真麻アナ、七夕にお願いも本音は「カトパンになりたい」

高橋真麻アナ、七夕にお願いも本音は「カトパンになりたい」

2011.07.04 17:15

 フジテレビの高橋真麻アナウンサーが夏の恒例イベント『お台場合衆国2011 〜ぼくらがNIPPON応援団!〜』開催中に、毎朝ステージでカラオケを歌う「マーサの朝唄」に挑戦することになり4日、東京・台場の同局で行われた会見に出席した。高橋はこの日もステージで榊原郁恵の「夏のお嬢さん」を熱唱。また七夕にちなんで“朝唄”成功を祈願した短冊を用意するも、会見に同席した加藤綾子アナを前に「可愛いし、きれいだし、人気も実力もあるカトパンになれますようにって書けばよかった」と本音を漏らした。

 毎朝9時40分ごろから異なる自前の衣装でカラオケ2曲を披露する高橋アナは「雨天でも自分で傘をさして歌うつも...

関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R