ホーム ダイエット・ボディケア > 動画付き 森拓郎さんが教えるウエストシェイプ法

動画付き 森拓郎さんが教えるウエストシェイプ法

動画付き 森拓郎さんが教えるウエストシェイプ法
本格的な夏に向けてボディラインが気になる季節。ウエストを少しでも細く見せようと頑張って腹筋を行っている人も多いと思いますが、その行動にNO!を突き付けているのが、ボディトレーナーの森拓郎さん。それよりももっと手軽にウエストが細くなる方法を教えてくれました。

腹筋ではなく「インナーマッスルを鍛える」ことが大切

 背骨の周りにはインナーマッスルと呼ばれる深層筋群が多くあり内臓を支えています。ところが姿勢が悪いと、このインナーマッスルの作用が働きづらくなり、ぽっこりお腹になる原因に…。だからこそ、ウエストを細くするには“正しい姿勢”が重要なんです。

 もうひとつ大切なのが呼吸法。姿勢ひとつ、心がけひとつでスタイルアップの大きな味方になるとか。「多くの人は腹式呼吸と胸式呼吸の中間、みぞおちあたりで浅い呼吸をしていることが多いんです。正しい立ち方をして、インナーマッスルに効くように呼吸をするだけで、スタイルは変わります」。

 そんな森さんは“腹式呼吸”、“胸式呼吸”のほかに、“背中呼吸”を提案しています。腹式呼吸とは、息を吸った時におなかが膨らみ、吐いた時におなかがひっこむあの呼吸ですが、「みなさん勘違いしている人が多いんですが、腹式呼吸は息を吸う時に肋骨の下にある横隔膜を使って、吐く時はウエストのまわりにある腹横筋というインナーマッスルを使うんです」。この呼吸法を行うことで、ウエストまわりが引き締まるんだとか。

 胸式呼吸はおなかを引っ込ませた状態で行う呼吸法。おなかをへこませたまま、息を吸う時に肋骨が広がる感じがすればOK。肋骨を閉じたり開いたりする、肋間筋という肋骨のまわりにつくインナーマッスルを使いますが、この呼吸を続けていれば、下がってしまった内臓を正しい位置に戻す効果も期待できるそう。

 最後の背中呼吸は聞きなれない人も多いはず。みぞおち付近の肋骨を閉じたまま呼吸を行うことで、背中や鎖骨周辺、脇の部分に呼吸が入ります。慣れるまではなかなか難しいですが、編集部も試してみたところ、3〜4回トライしたら成功。おなかまわりも肋骨も動かさずに、胸の上部や鎖骨下に空気が入り、膨らんでいきます。「これはバストアップにも効果的ですよ」(森さん)。

 とはいっても、すべては正しい立ち方をマスターしてから。というわけで、森さんにウエストシェイプの基本となる、正しい立ち方をレクチャーしていただきました。


Profile&information

森拓郎
フィットネストレーナー、ピラティス指導者、整体師、美容矯正師。学生時代は中学?大学まで陸上競技で中距離種目、800Mを専門に活躍。大手フィットネスクラブを経て、2009年、自身のスタジオ『rinato』(加圧トレーニング&ピラティス)を東京・恵比寿にオープンし、ボディメイクやダイエットを指導。ファッションモデルや女優などの著名人のクライアントも多く、その指導に定評がある。テレビ、雑誌など多くのメディアで注目されている、今話題のボディワーカー。

腹筋運動ではお腹は凹みません 呼吸と姿勢だけでみるみる凹む最強メソッド(アスコム刊)
まっすぐ立つ、腹式呼吸、胸式呼吸、背中呼吸。たった4ステップだけで行う「森メソッド」でおなかシェイプ。お手軽ストレッチや美バランスボディを作るノウハウを紹介!

< 1 2

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R