ホーム ダイエット・ボディケア > 林佑香さんに聞く ウエストひきしめエクササイズ

林佑香さんに聞く ウエストひきしめエクササイズ

林佑香さんに聞く ウエストひきしめエクササイズ

基本姿勢

【1】背筋を伸ばして立つ。
<POINT>
後頭部、肩甲骨、お尻、かかとが一直線になるように立つこと。壁に背中をつけて練習すると形を取りやすくなります。


【2】お腹・背中を一直線にして、ヒザだけ曲げる
<POINT>
基本的にお腹・背中に力をいれずにヒザだけ曲げるのがベスト。お腹背中を一直線にして骨盤を立てることに意識しながらヒザだけ折るようにしましょう。

【動画LESSON 1】骨盤を動かすエクササイズ


効く場所:ウエスト、背中、太もも

<STEP>
【1】基本姿勢をとり、脚を開いて骨盤を立て、ヒザを曲げる。
【2】あばら骨の下から“折るイメージ”で前後左右に曲げる。

<POINT>
ウエストの位置を高くするにもくびれをつくるためにも、あばら骨の下から折ることが大切! 常に上半身は動かさないようにしてヒザは内股にならないようにすること。

【動画LESSON 2】8の字ループのエクササイズ


効く場所:ウエスト、骨盤矯正、脚全体


<STEP>
【1】基本姿勢から脚を開き、【左前→左後→右前→右後】の順番で曲げる。
【2】骨盤で8の字を描くように滑らかに曲げる。

<POINT>
最初、動きがつかみにくい人は、骨盤でリボンを描くように、四つ端に当てるように曲げてみましょう。それができるようになったら、8の字ループを描くように曲げるとスムーズになります。ここでも常に上半身は動かさないように注意しましょう!

→くびれて足長効果も!? オリェイプって?

*関連リンク*

< 1 2

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R