ホーム ヘアスタイル・ヘアアレンジ > トラブル知らずの美髪に! 秋こそ見直したいヘアケア

トラブル知らずの美髪に! 秋こそ見直したいヘアケア

トラブル知らずの美髪に! 秋こそ見直したいヘアケア

今さら聞けないヘアケアの基本

日々欠かせないヘアケアですが、本当にこの方法で良いのかな…と思うことありませんか? せっかくなら効果的な方法で、美しい髪を手に入れたいですよね。そこで、ヘッドスパ&サロン「XY9AFLOAT GINZA」のスパニスト・守屋雅美さんに、ヘアケアの基礎を教えていただきました!
◆シャンプー
 「髪を濡らす前に、まず目の粗いブラシで毛髪と地肌のブラッシングを行いましょう。そうすることで、頭皮の汚れが落ちやすくなり、シャンプーによる摩擦の痛みも軽減されます。髪を濡らす時は、1分以上かけて内側までしっかりすすぐことが大切。液をつけたら、しっかり泡立てて指の腹で2分ほど頭皮全体を洗いましょう。女性は髪に長さ、毛量があるため、地肌についてるシャンプー剤まで時間をかけてすすいで! 流し残しはニオイやベタつきの原因になります」。
◆トリートメント
 「トリートメントは、傷みやすい毛先からつけるようにしましょう。ボリューム低下につながるため、根元につけるのはNG! 手ぐしで滑らせたり、揉みこんだりすると浸透率もアップします」。 ◆頭皮マッサージ
 「頭皮にはいろんなツボが集中しているため、マッサージをすることで、リラクゼーションやリフトアップ効果が。また、血流を促進させ固まった筋肉をもみほぐすことにより、疲労回復や白髪予防、年齢の出やすい目元がパッチリするなど、アンチエイジングにもつながります。

 頭皮マッサージは、シャンプー時に行うのがGood! 泡があることにより摩擦が軽減されるほか、手が頭皮に密着してマッサージしやすくなります。洗い終わった際に、シャンプー剤の泡を頭皮につけた状態で、下から引き上げるように頭頂部に向かって手をすべらせましょう。美容器具などを使用すると、疲れないで簡単にマッサージができます」。
◆アウトバス
  “洗い流さないトリートメント”をつけることで、美しい髪作りをアシスト。ドライヤーを使う前に塗布して熱風から髪を守ったり、外気にさらされて乾燥し始めた髪に、整髪料感覚で使ったり…といった、さまざまな活用法があります。オイルやミルク、ミストなど、さまざまな製品があるので、毛質に合ったものを選びましょう。

髪に合ったブラシ使ってる?

 「基本的に、毛量が多く髪がかたい人→目が粗くかたい毛のブラシ。毛量が少なく柔らかい人→細い柔らかいブラシがオススメ。ブラシには、動物の毛で作られたブラシと、ナイロンや樹脂で作られたブラシの大きく分けて2種類があります。特に動物の毛のブラシは、静電気が起こりにくいため、ブラッシングでのマッサージ、ツヤ出し効果の期待大。それぞれの毛質や用途に合わせて、使い分けてみましょう」。


お話を伺ったのは…

スパニスト・守屋雅美さん

カリスマ美容師・宮村浩気さんが経営するヘアサロン「AFLOAT」と共に作り上げた、ヘアケアブランドのフラッグシップショップとして2014年10月にオープンした、ヘッドスパ&サロン「XY9AFLOAT GINZA」に勤務。髪のスペシャリストとして活躍中。

*関連リンク*

< 1 2 3 4 5 >

シェア Google+

おすすめコンテンツ


P R