ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 注入系の肌育治療にピーリング…SNS話題の施術を医師が解説、“気軽”イメージも「肌悩みに合う成分は医師に相談を」

注入系の肌育治療にピーリング…SNS話題の施術を医師が解説、“気軽”イメージも「肌悩みに合う成分は医師に相談を」

2023-07-04 eltha

 クリニックで受けられる“注入系”の治療は、メスを入れず、ダウンタイムが少ないことから、気軽にできる施術としても人気が高い。SNSでは「PRP」「リジュラン」「ヒアルロン酸」「ベビーコラーゲン」といった関連キーワードへの注目も集まっている。これらの成分は目頭のシワやまぶたのたるみに有効で、その人の肌の状態によって使い分けられるが、注入することへのリスクや成分について実際にはどのような差異があるのか。柳下悠医師に話を聞いた。

目頭のシワ、まぶたのたるみ、目の下のたるみに…肌育治療の成分はどう選ぶべき?

 「PRP」「リジュラン」「ヒアルロン酸」「ベビーコラーゲン」…これらを使用した治療は“肌育治療”とも呼ばれており、その種類や有効成分にも注目が集まる。

PRP:自分の血液から採取した多血小板血漿で、再生医療のひとつ。ハリを出したり、炎症を抑えたりするときに使う。治療部位に注射やレーザーなどで直接成分を注入するメソセラピーや、髪の毛よりも微細な針で肌に高密度な穴を開け、自然治癒力を引き出すダーマペンなどで使用する。

リジュラン:サーモン由来のPN(ポリヌクレオチド)がメインの成分。主にメソセラピーなどの注入する治療で使用する。

ヒアルロン酸:凹みに直接注入して高さを出すために使う。膨らませてシワを伸ばすことはできるが、皮膚のハリを出すのは難しい。

ベビーコラーゲン:ヒトの胎盤から作ったコラーゲン製剤。直接注入するが、ヒアルロン酸のように大きく膨らませることはできず、わずかな凹みや小ジワなど弾力のほしい部分に注入する

「目頭のシワは、動きによるものであれば、神経伝達物質の放出を抑える製剤のボトックスを打ちます。弾力の無さからくるものであれば、PRP、リジュラン、ベビーコラーゲンを打ちます。ただし、ベビーコラーゲンは弾力を出すだけでなく、多少膨らみますので、ある程度凹んでいるところに打つことになり、目頭のシワがどういう状態かで使えるかどうかは変わります。真顔でもただ凹みがある場合は、ヒアルロン酸やベビーコラーゲンを打ちます。

 上下まぶたのたるみには、基本的に、PRP、リジュラン、ベビーコラーゲン、ヒアルロン酸を単独で打つことはありません。かかる費用については、各クリニックで異なります。打ち方やリスクも症状によって異なりますので、実際に診察に行ってそれぞれ確認した方がいいと思います」

肌の再生を促すことができる“ピーリング”「肌悩みに合うピーリングは、年齢や肌質によって変わる」

 夏は汗やクーラーによる乾燥など、肌は多くの刺激にさらされる。それらによる肌トラブルの原因を取り除き、肌の再生を促すことができる施術として“ピーリング”がある。皮膚にジェルやクリームを塗って肌表面の古い角質を取り除くのだが、目に見える変化としてはどのようなものが期待できるのか。

「主に表皮のピーリングにはAHA(アルファヒドロキシ酸)やBHA(サリチル酸)を用い、毛穴やニキビ、肌のごわつきやトーンアップに使われます。表皮の内側の真皮のピーリングには主にTCA(トリクロロ酢酸)が使われ、小ジワやハリ感の改善に使われます。また複数のピーリング成分を含んだ表皮・真皮の両方に効果の出るピーリング剤もあります。成分によって目的が違いますし、年齢や肌質によっても変わるので、自分の肌悩みに合うピーリングをクリニックで聞いてみるといいでしょう」

 化学物質の作用で古い角質を除去するとなると、術後、当然、皮膚は薄くなるが、外的な刺激が多い夏に行ってもいいのか?

「角質などを剥離するため、一時的に乾燥が気になったり、紫外線予防を強化してもらう必要はありますが、その後、ターンオーバーが促進されて、適切な表皮の厚みに戻りますので、適応さえ守れば一年中行うことができます」
柳下悠

監修者 柳下悠

2005年東京医科大学を卒業。関東中央病院にて研修医として勤務をし、東京医科大学形成外科へ入局。様々な美容クリニックで経験を積み、2021年2月東京都赤坂にて赤坂ステラクリニックを開業。現在、DMMオンラインサロンにて「医師が教えるホントの美容塾」を運営中

Facebook

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ