ホーム エンタメ > 【デスクワーカー必見】猫背・巻き肩を改善する「筋トレ」がTwitterで話題沸騰!

【デスクワーカー必見】猫背・巻き肩を改善する「筋トレ」がTwitterで話題沸騰!

2021.09.15

テレワークや在宅ワークが基本の今。
パソコンとにらめっこしているうちに、背中や肩がガチガチになっていませんか。
そこで今回は、Twitterで話題になっているトレえみさんの筋トレをご紹介。

菱形筋を鍛えよう

巻き肩や猫背の人はこれ!猫背や巻き肩のストレッチと合わせて行うといい筋トレです 菱形筋って言って、肩甲骨を背骨に寄せるインナーマッスルになります。ストレッチしてもすぐに元の肩に戻りやすい人は鍛えて! pic.twitter.com/HhoCqB922t

デスクワークをしていると、知らずに肩が前へ出てしまう姿勢に。
肩が前へ出ると、巻き肩になり背中が曲がり、猫背になってしまいます。
そのような状態で、長時間作業をすると肩はコリ、背中や腰に負担がくる事態に……。
この悪い姿勢をしないためには、菱形筋の筋トレがオススメです。
この筋肉は、肩甲骨を引き寄せる大切な筋になります。
デスクワークの人はここが弱くなることで、猫背や巻き肩になるのです。
ひどくなる前になんとかしたいもの。
さっそく、筋トレ方法を見ていきましょう。

肩甲骨をジワジワ

筋トレといっても、いきなり負荷をかけるのではありません。
まずは、固まった肩甲骨をゆるめていきます。
ただ肩甲骨をゆるめるのではありません。
菱形筋を意識しつつ、ジワジワと肩甲骨に負荷をかけていきます。
このとき、反り腰にならないよう気をつけましょう。
反り腰になると、正しく筋に負荷をかけることができなくなります。
まっすぐ立ち、手は外側に向けたまま肩甲骨をよせるイメージで。
ジワジワきていればOKです。
これを15回×3セットおこないましょう。

フェイスタオルを使って

今度はタオルを使って、肩甲骨をせめていきます。
タオルの両端をもち、肩甲骨をグッとよせ続ける。
その状態で3秒キープし、元に戻す動作を30回×3セットおこないます。
タオルがある分ラクそうに見えますが、キツいです……。

肩〜胸部周辺のストレッチもお忘れなく

最後に、巻き肩でこわばった肩〜胸部の筋をのばします。
壁を使っておこないますが、伸ばしている感じが非常に気持ちいいです。
壁と平行に立ち、小指あたりの側面を壁につけます。
つけたまま、カラダをゆっくりひねり、肩や胸部をしっかりのばしましょう。
筋トレと聞くとハードなイメージですが、ハードさは一切なし。
しかし、地味にきくので次の日は結構なダメージを受けるでしょう。
毎日続け、痛みのないいいカラダを目指してください。
本文中のツイートは投稿主様より掲載許諾をいただいています。
@emiry_oinari様の投稿を紹介させていただいております。
(恋愛jp編集部)

関連記事

提供元:恋愛jp

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ