ホーム 恋愛 > 勘弁してくれよ…!夫が“ストレス“を感じる【妻の言動】<日常編>

勘弁してくれよ…!夫が“ストレス“を感じる【妻の言動】<日常編>

2021.09.15

「夫にイライラする」という妻は多いですが、それは夫目線でも同様のことが言えます。
中には、「仕事をするよりも家にいる方がストレス……」とため息を隠せない男性も多い模様。
日常生活で、夫が妻にストレスを感じる言動について調べてみましょう。

(1)察してもらいたがる

男性は基本的に、察することが苦手です。
ですが、妻が「察してほしい」タイプの場合、ストレスが溜まってしまうことも。
「あの家事をしておいてほしい」「子どもの着替えを手伝ってほしい」など、明確に指示を出すことで問題は解消されるでしょう。
女性からすれば、「言われなくても動いてほしい」と思うところですが、男性と女性では脳の構造が違うと捉えた方がいいかもしれませんね。

(2)周りの人と比較する

他の人と比べられると、男性のプライドはかなり傷つきます。
妻が夫を周囲の人と比較する言動をすると、ストレスを感じるという男性も多いのです。
「近所の〇〇さんは大手に勤めているんですって」「〇〇さんはマイホームを購入したのに、うちはまだ賃貸なの?」などの発言はNG。
勤め先や稼ぎの比較は、とくに夫を追い詰めてしまうでしょう。

(3)女を捨てている

結婚して長いとはいえ、女を捨てている妻に対してガッカリする男性も多い様子。
化粧や髪のお手入れを一切しなくなったり、極端に太ってしまった妻に対して、寂しさを感じるようです。
さらに言えば、自分の目の前で平然と着替えやオナラをしたり、裸で家の中をうろついていることに愕然とするのだとか。
多少の恥じらいは忘れないでほしいというのが、夫のささやかな願いなのです。

(4)自分の居場所がない

家庭の中に居場所がなく、ストレスを感じる男性もいます。
休日の予定や食事の献立、テレビのチャンネル権といったささいなことまで、夫を無視して自分や子どもばかり優先していませんか?
人は自分の居場所を見つけることで、安心感をもち努力できるもの。
家庭内に居場所がないことで、もしかすると夫のパフォーマンスを下げているのかもしれませんよ。
夫がストレスを感じるのは、妻に品がなく子どもっぽい言動をしたときという共通点があります。
「夫にも悪いところがある」と感じるかもしれませんが、だからといって夫にストレスを与えてしまうのは負の連鎖しか生まれません。
せっかく結婚したのだから、ストレスを与え合う関係を見直し、癒しや安心感を与え合う関係性を目指していきましょう。
(恋愛jp編集部)

関連記事

提供元:恋愛jp

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ