ホーム 恋愛 > 【女性心理】女性が“キュンとくる好きアピ・面倒に感じる好きアピ”その違いとは

【女性心理】女性が“キュンとくる好きアピ・面倒に感じる好きアピ”その違いとは

2021.11.15

好きな気持ちをアピールするには、キュンとくるアピールと面倒なアピールの境目を知ることが大切です。
知らず知らずのうちに女性が面倒に感じる好きアピをしてしまっている男性は、意外と多いもの。
そこで今回は、女性がキュンとくる好きアピと、面倒に感じる好きアピの違いを紹介していきます。

(1)何事もやりすぎは厳禁

好きアピだけに限らず、とにかく何事もやりすぎは厳禁です。
たとえば女性は親しい男性からたくさんLINEが来れば、そのことにはキュンとするもの。
しかしその頻度があまりにも高かったら、逆に怖いという印象をもちますよね。
正直警戒してしまう女性は多いでしょう。

(2)自分をアピールしすぎないように注意

好きアピで大事なのは、相手に喜んでもらう好きアピか、それとも自分をよく見せるだけのアピかというポイントの違いです。
たとえば自分のすごいところを自慢して好きアピすることは、ときには大事ですが、それだけではナルシストにしか見えないことも。
相手の心を満たすためのアピができているかどうかを考えて、距離を詰めていきましょう。

(3)相手の迷惑や都合を配慮しているか

単純にやりすぎていないかどうかだけでなく、相手の迷惑や都合を考慮できているかどうかも大事です。
たとえば仕事中にしつこくアプローチすれば、それは明らかに相手にとって迷惑になりますよね。
そんな自分のことしか考えていない好きアピには、嫌な印象をもつ女性は多いです。

(4)周りの目を考えているか

好きな人ができて舞い上がってしまうと、ときに周りの目を一切配慮できなくなることがあります。
ほかの人がいることも考えずにあからさまにエスコートしたりなど、周りの目丸無視な行動は慎みましょう。
熱烈アプローチされることには恥ずかしいと考える人も多いので、人前での明らかなアプローチは避けたいところです。
自己満足な好きアピになると、どうしてもNGなアピになってしまうことは多いもの。
ぜひ両者の違いをチェックして、好きな人とは丁寧に距離を縮めていきましょう♪
(恋愛jp編集部)

関連記事

提供元:恋愛jp

シェア

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ